秩父ワキ

ポポンデッタから発売になったワキの秩父鉄道バージョンを、祐天寺モデルスへ引き取りに行ってきました。今回2両導入しました。

河合譲りの腰高感は否めません。

車紋は直印刷になっちゃってるのがちょっと残念です。

実際には、板の上に車紋が書かれているため、0.13くらいのシートを黒く塗ってから貼り付け、ASAMIのインレタを貼ろうかと思ってます。

車庫のワキにポツンと置けば、1000系鉄コレと並べても通用しそうです。

“秩父ワキ” への2件の返信

  1. 自分も2両買いました~(笑)
    思いは同じで、少し残念な部分もありますが、こんなマイナーな車両をよく出してくれた!と喜びたいところです。
    シャコタン化と社紋のプレート表現は必須ですね!

    1. >Osgさん
      確かにマイナー車輌の発売に喜ぶべきですね!
      やはり考えることは同じですね。
      ホキと組むのか編成とか気になるところで、ここは秩父の巨匠にレクチャーをお願いしようかと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です