鉄道模型コンテスト-前編-

今年もいよいよ夏休みシーズン突入です。7月27日、28日に行われた鉄道模型コンテストに行って来ました。鎌倉の親戚の家に所用があり、鎌倉駅からのスタートです。湘南新宿ラインで大崎駅を目指します。

鎌倉駅ではまだガラガラなので、ボックス席の窓側座れました。我が大船駅を通り北上します。

大船~戸塚駅間は東海道線と併走していましたが、普段の土曜日より混んでいてG車の窓側は満席状態です。

大崎駅からりんかい線に乗り換えます。今年は会場が変わり、国際展示場駅ではなく東京テレポート駅下車の東京ビックサイト青海展示棟になります。

20年ぶりの東京テレポート駅に到着です。

ちなみに、20年前の同じ場所です。りんかい線はまだ4両編成でした。

20年前の改札口です。乗客は疎らで、片手で足りちゃう位の人数しか居ません。

同じアングルで撮ろうとしたら、待ち合わせの人しか写らなかったので、ちょっと引き気味です。自動改札機は右側の柱から手前側にも増設されています。

当時、4基並んだエスカレータは迫力がありました。人は殆ど居ません。

トップシーズンでは4基でも足りない位の乗降客数になるんでしょうね。

記念写真撮っている人が居ましたが、それ以外に人影無し。

工事やっていて同じアングルからは撮れませんでしたが、背景も含めエラク景色が変わっています。

ポケモンのバスが居ましたが、コレは水陸両用のヤツかな?

上の写真の出口の右側が青海展示棟になります。駅前なので歩くのが楽です。

入口はあまり迫力が無く、なんか急ごしらえ風です。

早速中へ入り、入場券を購入します。

入った瞬間まず涼しさを感じました。ビックサイト本棟より空調の利きがが良いようです。

KATOが主体のため、KATOのブースが入口にデンっとあります。

ICE4いいなぁ。

最近は照明付きが多くなりましたね。

クモユニ74出るようです。

ファーラーとのコラボ品でしょうか。レンガアーチの高架下という、新橋辺りの雰囲気でしょうか。

今回の限定品はキヤ28訓練車タイプの発売です。

ヘッポコ工場長が着いたお昼頃でも、普通に整理券配っていました。余裕で買えた感じです。

ウッドランドーシーニックス社やノッホ社との提携を抱えるKATOならではの企画で、人気があり長蛇の列です。

実演もやっています。

トンネルを作っていました。

欧州チックなモジュールです。

シカゴメトラの2階建て車両です。キャブコーチかっこいいですねぇ。

KATOの物販コーナーも見てみます。先頭車だけシリーズがありました。ゆうマニ欲しくなってしまいましたが、もう手に入りません。

ヘッポコ工場長は早速モーリンのブースへ。

3Dパーツの昇降式回転灯のパーツを買います。

2台分で800円です。

YDこと指揮車の対空識別のはデカールになっているそうで、今後一部仕様変更によりインレタだけで無くデカール併用になるそうです。

JAMの時には新作も発売されるそうで、新たに機動隊バス用のインレタも出るようです。

「中」とあるのは参考出品だそうで、この様に学校の体育館の屋根に張るヤツだそうです。そう言われればこんな標記ありますね。

-つづく-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です