東急3000系出場【J-TREC横浜】

東急3013F出場

東急目黒線の車両は、東急新横浜線開業用の改造工事が横浜のJ-TRECで進められています。今回3013Fが出場となったので逗子まで見に行ってみました。

神武寺へ

神武寺の専用線へ向かうとすでに翌日の輸送行程にあわせて3+3に組成されている3013Fが居ました。妻面の汚れを見る限り車体の清掃等は行われず、必要な電装品のぎ装にとどまっていると思われます。埃、油で汚れきった車両をいじるのも工事する人はイヤでしょうね。

授受線のポイントには床板にグリスがタップリ塗られていました。授受線は最近色々手を掛けた痕跡が有りました。

再び逗子駅へ戻ります。歩いて行ってもよかったのですが、暑くなってきたので京急で戻ることにします。京急線は本線で人身事故があったため、逗子線は全て線内折返運転になっていました。

牽引機到着【DE10 1666号機】

いつもの山の根踏切に到着します。DDかと思っていましたが、今回はDE10がやってきました。

専用線に入り一旦停止し、トークバックで信号操作者と入換の打ち合わせを行います。

打ち合わせが終わり、入換合図により進行を現示して神武寺まで運転開始です。

やっぱり模型でも1両くらいはデッキに人を乗せたいです。ただ、フィギュアがデカ過ぎて乗らないんです。

3013Fを迎えに行ってきます。連結作業を行いおよそ15分ほどで戻ってきます。

3013F出場

いつも通りゆっくりとやってきました。今回は新形式でも、初物でもないのでこの場所はいつもお見かけする3人ほどでマッタリ撮影出来ました。

この先逗子駅構内に向けては信号機による運転になるため、一旦停止して再びトークバックにて信号操作者と打ち合わせを行います。

この後下り1番線に据え付けられます。しかし、汚いままなので模型の参考にはなりますw

ビミョーな曇り具合というか、記録には良い感じの天気でした。

この列車は、出発時刻まで40分ほどココで待機しています。

ディテール観察

コチラ側は明日機関車と連結される側になります。ジャンパーケーブルも吊られています。

3013号車の床下に新しい情報伝送装置がぎ装されていました。今回はこの機器の設置とそれに伴う配線の引き通しが主な工事だったと思われます。

翌日はココが分割点となりますが、運転台通しのためそのままの密連が利用できます。

妻面の配管は1本だけのスッキリです。

今回はDE10が見られてよかったです。

一路長津田へ【大船通過】

今回は全体的に人が少なかったので、最後に大船駅で見送ることにします。この場所も、ビデオ撮影の方が1人いただけなのでマッタリです。
アングル的には7両だとたしかギリギリ入った気がします。列車通過の自動放送がしてから2分ほどしてやってきました。

長津田へ向けて通過していきました。

池上くず餅【くず餅を食べる】

くず餅を食べ尽くす

浅野屋本舗以外のくず餅も勿論購入しています。残り2店舗のくず餅をご開帳。

藤乃屋

コチラのくず餅は1人前はなく2人前を購入。

賞味期限は翌日までです。

はがきサイズよりちょっと小さい大きさの物が2枚入っています。藤乃屋のは切り込みが入っていないため、盛りつけ時には包丁で切り込みを入れる必要があります。

池田屋

コチラのお店もイートインが出来ます。

池田屋はエコな紙袋に入っています。

池田屋のくず餅のみ真空パックになっているため,賞味期限が7日間と池上では一番長い賞味期限になっています。

まとめ

   
   浅野屋本舗
(駅前)
浅野屋本舗
(本門寺通り)
藤乃屋池田屋
1人前 330円 270円 なし 390円
有料 有料 無料 無料
イートイン 閉鎖中 あり 閉鎖中 あり
賞味期限 2日 2日 2日 7日

くず餅はそのままでは味がなく、どのお店も甲乙付けがたいので、甘味処に入ったついでや、食べる人数で選べばOKだと思います。ヘッポコ工場長の好きな食べ方は、本門寺通りの浅野屋本舗で売っている求肥をトッピングして食べるのが好きです。

求肥には「大」と「小」があります。先日行ったときに大があるのは知りませんでした。くず餅は発酵食品なので女性にもとても良い食べ物です。ローカロリーのうたい文句もありますが、黒蜜たっぷり掛けるので結果的にローカロリーとは思えません(笑)

池上くず餅【くず餅散策】

池上くず餅【くず餅発祥の地!?】

池上と言えば池上本門寺が有名ですが、池上のくず餅も隠れた名物です。亀戸にある船橋屋もくず餅が有名で、どちらも発祥の地を名乗る「あるある」ですが、池上の方が若干お店の創業が早い感じです。この際はどちらが先かというのは抜きにして、城南地区の下町、池上をくず餅中心に散策してみます。

まずは、駅前をでて本門寺通りに入ります。

場末な感じのする街並みがありますが、シャッター通りではなく古き良き時代が残っている感じです。

お寿司屋さんもこう言う暖簾がいい雰囲気です。

ジオコレにありそうな元スナック?のピザ屋さんもありますが、コロナで休業中のようです。

浅野屋本舗(駅前)

駅前にお店を構えているので、一番目立っています。現在はイートインの甘味処が閉鎖されていてコチラは、お土産専門になっています。以前のレポートコチラもご覧ください。ココは「葛餅」の表記です。

持ち帰り用は1人前からあり、330円(税込み)です。月曜、木曜が定休日です。

パックに入っていて、お皿に移さずこのまま食べられます。コチラのくず餅は防腐剤が入っていないため賞味期限は2日間と短いです。

浅野屋本舗(本門寺通り)

コチラは本門寺通りにある浅野屋本舗です。以前は、駅前店の浅野屋の支店扱いでしたが、現在は資本扱いが別になったので全く関連性がなくなっているそうです。ココは「くず餅」の表記です。

店内は4人掛けテーブルが3卓あるほか、店頭販売用窓口もあります。

店内のイートインで、くず餅全部乗せセット(760円税込)。くず餅、白玉、抹茶アイス、つぶあんが盛られています。抹茶アイスはバニラアイスに、つぶあんはこしあんに変更可能です。

持ち帰り用のくず餅は1人前の表記はありませんが、くず餅カップ(270円(税込))が一番小さいサイズです。3切れ入っています。

その上は、やはり1人前の表記はありませんが、くず餅「小」となっていてコチラは420円(税込)です。内容量はくず餅カップの倍で、ココのくず餅も全品賞味期限は2日間です。

藤乃屋

木造三階建てでいい雰囲気が出ている藤乃屋です。本門寺前交差点近くにあります。ココは久寿餅の表記になっています。火曜日が定休日です。

イートインが出来テーブルが2卓ありますが、現在はコロナのため持ち帰りのみ営業となっています。

藤乃屋は残念ながら1人前はなく、2人前500円(税込)が一番小さいサイズとなっています。購入すると手提げのビニール袋がもらえます。

池田屋

コチラは久寿餅を謳っています。池上にあるくず餅屋さんの中では一番近代的で立派な建物で、イートインがあります。

コチラも店頭でお土産用が販売されています。1人前を比較すると浅野屋よりは高く390円(税込)ですが、大きさは浅野屋のよりちょっと大きいです。感じとしては1.5人前です。また、池田屋も手提げビニールが無料でもらえます。

ココの本門寺前の交差点が一番好きな風景で、向かい側の酒屋さんがこれまたいい雰囲気出しています。奥には藤乃屋が見えています。

酒屋さんのお店の横には井戸のポンプが飾られています。その昔は水が出ていた物と思われます。

本門寺通りには、至る所にこう言うオブジェがあり、待ちの観察にはいい感じです。

池上本門寺参道

池田屋と古い酒屋の角を曲がるとこの風景で、本門寺は目の前です。写真で盛り上がっている場所は吞川に架かる橋です。

シン・ゴジラが上陸したあの川です。

階段を上がるのが大変そうだったため、ココで拝んで帰りました。