横須賀線武蔵小杉駅下りホーム新設工事

武蔵小杉駅下りホーム新設工事

混雑が激化する武蔵小杉駅横須賀線ホームですが、混雑がついに限界がきたため下りホームを新設することになり、工事は来年度の竣工を目指します。原宿駅のような感じになります。
新設ホームの停止位置は現ホームと30mほどずれた位置になります。

エキスパンドメタルの裏側でもホームスラブの構築が進んでいます。

高架橋拡幅のための工事が進んでいます。この画面の中央辺りに改札口が新設されます。とは言え、コロナ禍で乗客が減少したため工事は中止しても大丈夫な気もしますが、川崎市も費用を負担しているため、大人の事情ってやつでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です