ドイツへ2015-その4-

観光をしないのがヘッポコ工場長ですが、今回は子供の頃からの夢だった「ベルギーワッフルをベルギーで食べる」っと言うことで、観光地のグランプラスへ向かい、タクシーを降りてぶらり欧州街並み探索。

ココがグランプラス。鉄の時は曇り男ですが、観光時は快晴になりました。

ゴディバの本店。日本では見かけないイチゴのチョコがありました。

カメラを向けると気さくにポーズを取る人が多いのは酔っているせいでしょうか。

グランプラス裏側のレストランが並ぶ地域へ。

どこのお店もかなり混んでいましたが、開店直後で空いていたお店でワッフルを注文。

ゴディバのイチゴを見てイチゴモードだったためこのワッフルを頂きます。およそ40年の時を経て目的達成。

広場を探索。子供の頃絵本でこういう新聞スタンドを見て、日本にはない新鮮さを当時感じ、急に懐かしさがこみ上げました。

本当はワッフル店のハシゴをしたかったのですが、週末の混雑とワッフルのデカさで1個で断念。この後は再びドイツへ戻りケルン経由でハンブルクへ向かいます。

帰りもICEではなくタリスに乗りたかったため、ちょっと足早でブリュッセル南駅へ戻りますが、ココから徒歩7~8分の所にブリュッセル中央駅がありそちらへ向かいます。南駅へは2駅です。
駅の近くですが、日本の新興住宅地でもありそうな風景です。

ブリュッセル中央駅。地下駅になっています。

切符売り場は長蛇の列です。予めチケットを買っておいて良かった。

ホームはブリュッセルの華やかさとは反対に薄暗い感じです。

中央駅から南駅までもの凄い混雑で、列車の写真は撮れませんでしたが、こんな列車でした。ドアは2つありますが、中は繋がってます(^^;
乗ってきた列車ではありませんが、なんて言うのか知りません。

機関車が重連でいました。左は旅客車です。

ゴツイ。

パリ方面行きのタリスが入ってきました。

おフランスのTGV。

タリスとTGVの顔合わせ。いやぁ、KATOで再販出たら両方とも買っちゃいそうです。

ホームコンコースにあるタリスのインフォメーション。赤いコートの女性は保護色になっちゃってます。

ッというわけで、再びタリスでケルンへ戻ります。駅を出てすぐの所に観覧車がありました。

ベルギーはこんな車両達です。

「ムッシュ、ボンジュール」の挨拶のもと、車掌さんが検札にやってきました。「でたぁ、おフランス語!」と心の中で慌てふためいて、「ボ、ボンジュール」っと言い返すのが精一杯でした。
その後、パツキンのお姉様によるワゴンサービスで、ケーキが4種類あり、悩んだ挙げ句ブルべーリータルトにしました。コーヒーを頼むと無いとのことで、コーラを。コレもただです。

電路柱に隠れちゃいましたが、ベルギー国内で怪しい保線車発見。右はディーゼル機関車のようです。

ドイツ国内に入ります。信号場を何カ所か通過。

安全側線とかワクワクしちゃいます。

15時15分、再びケルン駅に到着しました。荷物をコインロッカーに預けてあるのでそれを取りに行きます。ドイツは駅構内にコインロッカーがあるので便利です。
ちなみに、ケルン駅にあるコインロッカーは立体ロッカーです。最初4ユーロを入ると2時間までその値段で、その後24時間まで7ユーロです。

引換券を入れると、既に半日が経過しているので3ユーロ追加するように画面に出ます。

お金を入れるとウエイトタイムでこの様な画面に切り替わります。

この様に出てきます。

乗換に余裕を持たせ1時間50分後のユーロシティー8号に乗車します。スイス・バーセルから来る列車で、1等を予約したので今回もDBのラウンジで時間を潰します。

ホントこのマグカップ欲しいです。

-つづく-

発想の違い

クラフトロボでコンビニ駐車場の白線テンプレートを製作してましたが、
テンプレートは使い捨てだし、良く考えるとテンプレートを作らずその
ままマスキングテープをカットすれば良いのでは・・・っと。
前回製作したテンプレートより薄目の90kgのケント紙にマスキングテ
ープを貼りクラフトロボへ。
カット
▲相変わらず出来は素晴らしいです!
テープのまるまるクセはありますが、台紙の紙から剥がし位置決めを
して駐車場部分に貼り付け、いつも通りリキッテックスにて白線書きし
ます。
塗装
剥がすとそれなりに白線が描けてました。最初からこうすれば良かっ
た気がしますが、コンビニ白線を描いてみると元々このコンビニの駐
車場動線が悪く一番奥の部分に駐車するのはムリな様でした。
次は横断歩道の◇に挑戦する予定です。
完成
▲右側にあと1台分描けそうです

失敗は・・・

失敗は成功の元として失敗から得るものが多いようですが、ヘッポコ
な腕前のヘッポコ工場長は失敗してもまた同じ失敗をします。なので、
失敗は散財の元・・・です。
何を言っているのか自分でも分からなくなりますが、我が工場にはR
MMで話題の「クラフトロボ」も存在してます。カッティングシートの製
作がメインで、説明書でもペーパークラフトが作れそうだぁ・・・くらいに
思ってましたが記事を読んでビックリ!
テンプレート
▲テンプレートはキレイにできました♪
ちょっといじってみました。
が、その高精度にビックリ!
.dxfが読み込めたりするのでなんだろう?とは思ってましたがそうだっ
たのか!そりゃぁ、あれだけの文字を切り出すのですから今考えれば
そりゃそうです。紙の厚さにもよりますが、手元にあった180kgのケント
紙では0.3ミリ幅くらいまでは切り出せました。135kgや90kgくらいにな
るとその数字はもう少し荒くなると思います。
しかし、紙を単体でセットするわけではなく、糊付き台紙ホルダーにセッ
トしてカットするため、かなり慎重にホルダーから外さないと小さな部
品は一緒に取れてしまいます。
そこでとりあえずやっみたのが、コンビニ駐車場の白線テンプレート。
しかし、結果は・・・
失敗
ご覧のとおり失敗。まず、紙が厚すぎた事と、駐車場の平面性が悪く
不陸が凄いため、リキテックスが回り込む結果となりました。
補修
平面性の悪い部分を、再度スムースイットで成形してやり直し。テン
プレートも100kg前後の紙でやり直してみます。コレが出来れば、「バ
ス停」とか津川のインレタで気になる部分の色々なテンプレートが作
れる気がします。
成功の元になれば良いのですが・・・
リトルジャパンの店主さまに乗せられて、「クラフトロボで作れば良い
ぢゃん」っと・・・こういうのは在庫キットを全て完食してからの方がい
いと思うのですがどうでしょう。
60