横須賀線武蔵小杉駅下りホーム新設工事【その4】

横須賀線武蔵小杉駅は、島ホームから上下別ホームにするため、ホームの新設工事が行われている武蔵小杉駅です。

前回の記事はコチラをご覧ください。

下りホーム新設工事

鶴見方はほとんど動きがありません。建築仕上げを残すのみとなっています。信号機の移設も今のところ見える工事はありません。配線の引き回しなど見えない部分は行われていると思います。

一番線路側は支柱を立てないで、I型鋼を置いて工事工程日数を減らす感じのようです。

鶴見方のあまり変化が無いのはNECの門があるため、基礎工事の着手に時間が掛かっているためと推測しています。

東京方へ移動します。先月より比べると中程のホームスラブは設置が完了しています。明るかったホームが暗く感じます。

この部分も徐々にホームスラブができあがると外が見えなくなります。写真中央辺りに新改札口が設置されます。

丁度、相鉄車が来ました。この位置からだと出発を指示する信号機類は車掌さんには見えず、ホーム中程の駅員さんの合図でのみドア操作と出発準備をするようになっています。よく組み合いOKしたなぁ、っと思います。

曲線中でカントも付いてるから建築限界の管理は大変そうです。

以前はこんな感じで、明るいホームでした。

▲2015.7撮影.

参考までにこの信号機は無絶縁軌条となっており、信号機の分界点に絶縁の類いが一切ない方式をとられています。

南武線通路・新設改札口

南武線との連絡通路上に設置される新設改札口の開口はどの辺になるのでしょうかね。連絡通路も整備工事が行われています。

完成予想図の載ったポスターがありましたが、細かい配置などは載っていませんでした。

横須賀線武蔵小杉駅下りホーム新設工事【その3】

横須賀線武蔵小杉駅は、島ホームから上下別ホームにするため、ホームの新設工事が行われている武蔵小杉駅です。

前回の記事はコチラをご覧ください。

新南改札口

この付近は代わり映えしません。かなり薄暗く感じます。

旧改札があった場所も変化ありません。新下りホームへ行くための通路が左側に整備されるはずです。

下りホーム新設工事

起点側は基礎工事が終わり、見える工事になってきました。

縦桁の架設は終わっていて、横桁も架設が終わっている感じです。今後はホームスラブの構築になります。

終点方を見ると、ホームスラブの工事が行われていました。ホームスラブは2次製品といわれる既製品のPC板を並べているのがわかります。

終点方は上屋も掛けられ、土木工事はほぼ完了している感じです。

出発側の信号機がホーム内に入ってしまうため、信号機の移設も発生すると思われます。

奥沢駅改良工事【その7】

東急目黒線の相鉄乗り入れ8両化に伴い(現在は6両運転)、駅に付属する車庫の留置線改良および、上り線の速達性を高めるための待避線設置工事が行われています。工事の進捗状況を逐次書いていきます。工事の竣工は2023年度を予定。

前回の様子はコチラ

奥沢駅改良工事

本屋口駅舎

先月訪れたときは駅舎前に仮囲いが出来ていて駅舎を見渡せませんでしたが、仮囲いは撤去されていました。仮囲いのあった部分に壁のような物が出来ています。オブジェなのか耐震関連の構造物でしょうか?

2月の時は券売機までよく見えていました。

階段部分がよく見えるようになっています。エレベータは駅舎内に入る物と思われます。

本屋口駅舎と言っても本屋さんが入るわけではありません。本家の母屋みたいな意味で、駅長室など大きな駅事務室がはいるメインの駅舎を本屋といい、その後小さい出入口に付随する駅舎をアルファベット準にAから付けていきます。

A口駅舎付近は今回は特に代わり映えしませんでした。

上りホーム工事状況

3番線の終点方部分も軌道工事が入っています。ポイントはまだ挿入されていません。

軌道敷設が終わったのがわかります。上家の盛替も完了し、横梁が架かったので、電気屋さんが電路工事に入れそうです。

先月はホーム上はきれいでしたが、今は屋根材のパネルと思われる物が積まれています。クリンタイルを見るとホームドアが付く部分に、コア抜きがされていました。型枠作って最初から基礎を抜くより、後からコア抜きした方が安いのかもしれません。