相模大塚駅界隈

相鉄線でかつて貨物の要衝駅であった相模大塚駅は、米軍厚木基地へのジェット燃料輸送用線路が分岐していました。所用があり、近くまで行ったので最近の状況を見てきました。

前回の散策はコチラ

相模大塚駅

橋上駅舎で車庫があるため車庫を跨ぐ跨線橋が長々と架けられています。

眼下に広がる車庫は・・・JRの車庫と見間違えるようなE233系埼京線が留置されていました。相鉄線の車庫とは思えません。

4年前は当然ながら相鉄車しか留置されていませんでした。

▲2018年3月撮影.

16時30分、下り方向へ回送として出庫していきました。

海老名駅まで回送され上り列車に充当されると思います。

米軍専用線分岐箇所

米軍専用線と分岐箇所がどうなっているか見に行って見ます。

引上線部分を見に行ってみると、架線はすでに撤去されていました。

車止め部分まで行ってみましたが、引上線のレールは濃い赤錆びになっていました。

車止めは砂利を盛っただけのモノです。

本線と専用線の分岐箇所です。曲線上なので振り分け分岐器になっています。

信号機は建植されたままで、信号機も現示されています。専用線は使用されていませんが、撤去するとお金かかるからこのままなのでしょう。もしかしたらモーターカーなどが出入りしているのかもしれません。

専用線は相変わらずの状態で、その先の道路交差箇所はすべて鉄道側に柵が設置されていました。

4年前はまだ列車が通れそうな感じで、ずっと奥までレールが敷設されたままでした。

▲2018年3月撮影.

コチラ側の対となっている入換信号機も現示されたままです。

後ろを見ると線路は全て撤去されていました。次回時間があるとき基地方面まで行ってみたいと思います。

2021初冬名古屋へ【その6】

名鉄岐阜駅に到着しましたが、用事があったのは特急で1つ手前の笠松駅だったため、乗ってきた列車で再び戻ります。1日乗車券は改札出ないで済むのため、こういうとき便利です。笠松駅で下車します。

目的はこの軽トラ改造のモーターカーです。

名鉄はモーターカーは所有しない考えなので、こういったゲテモノが存在します。とは言え、奥に追いやられて使われていない感じです。

転車台も備えています。

前回、岐阜羽島駅から来たときにも記録しましたが、この駅にもトロ小屋があるので記録しておきます。コチラはレールが無くL型のアングルが使用されています。

コチラはレールがありません。

羽島線の車両が留置されています。

急行がやってきたので、コレで再び岐阜羽島駅を目指します。

岐阜羽島駅に到着です。名鉄の過走式車止めは、お膝元日本車輌製が導入されています。

名鉄の模型が欲しくなってしまいます。しかし、かなりの沼なので絶対にやめておきます。

駅構内には懐かしいC1000の音が響き渡っています。再び快速特急に乗車し、名古屋まで戻ります。始発駅なので余裕で座れるため、一般車で帰ります。

名古屋に戻り、Oさん、奥野君さんに加え今日はたろうさんも東京からやってきまして、4人でミニオフ会となりました。会食は4人までと言うことで丁度良いです。ひつまぶし屋さんに並んでいてくれたのでヘッポコ工場長が到着すると丁度入店するタイミングでした。

回転は速いもののお店は週末というせいか、結構混んで並ばないとは入れません。

上ひつまぶしセットを頂きます。

1杯目のコレはコレで美味しいですが・・・

やはり全部乗せが一番美味しいです。

さて、メンバーは全員全日本甘党会会員なのでシメに喫茶店に入ります。皆さんお酒は強くないので、酒より砂糖です。アイスコーヒー頼むと当然つまみが付いてきます。

ヘッポコ工場長はキャラメルバナナワッフルを注文しましたが、結構デカかったです。

そして金粉ふりかけのある小倉トースト。コレは一人一切れずつ食べました。

かなり満腹で解散します。翌日は早い出発なので、早めに床につきました。

再び名古屋へ【その2】

豊川へ

2日目もとても天気がよく、10月とは思えない30度という気候です。本来、曇り男のハズがピーカンになってしまいました。

名古屋駅を観察してみます。神戸方は、リニア新幹線の掘削工事が始まっており、仮桁が架設されています。

211系なんかを観察していますが、ピーカンなので形式写真には向かず記録程度にとどめておきます。

豊橋駅を目指すため、やってきた快速豊橋行きに乗車します。

1時間ほどで豊橋駅に到着しました。7200系がみえるほか、373系が入換を行っていました。伊奈路号の車両でしょうか。

豊橋駅構内にも成城石井がありました。JR東海の駅にも進出しているんですね。ココから名鉄線に乗り換えます。

マナカカードなのでそのままタッチして乗り換えます。

特急名鉄岐阜行きに乗車します。手前は指定席車ですが一駅だけの乗車ですので、自由席へ向かいます。

凡人車へ向かいますが、車両の作りも全然違います。

車内はクロスとロングが混じった作りです。1人掛けの方は席が埋まっていたため、2人掛けのクロスへ座ります。

特急で一駅目国府駅で乗り換えます。

名鉄の駅は模型のモジュールみたいに、車庫や留置線だらけなので観察していて楽しいです。

2両編成の豊川線に乗り換えます。2両編成なのにワンマンで無いところがスゴイです。

諏訪町駅で下車してココから2kmほど歩きます。

日車に到着です。写真撮影には特に厳しい工場ですが、工場の雰囲気を観察に来ました。

陸送準備の新幹線車両が見えました。

工場に続く専用線があり、さらに留置線があってチキが止まっていましたが、撮影禁止とデカデカと貼ってあったため断念です。

留置線群は2箇所ありそれぞれ合流部分に脱線器が設置されていました。脱線転てつ器標識が見えました。

工場の両隣に自衛隊の基地があるため、しょっちゅう自衛隊の人員輸送トラックが通ります。後部側の写真は、隊員が皆さんこちらを向いて座っていたので写真は載せないでおきます。

お昼になりました。朝を食べていないので、かなりお腹が空いてましまいました。上の写真のように何もない場所ですが、奇跡的にぽつんと1軒だけうなぎ屋さんがあったので迷わず入ります。

お昼ちょっと前だったので中はガラガラでした。

初日の夕食は一般食だったので名物のひつまぶしを注文します。

しゃもじで十字にきって1杯目はそのままウナギのたれで頂きます。

2杯目は薬味を載せて頂きます。

3杯目はおだしを入れてお茶漬け風に頂きます。

最後の4杯目は全部載せで好みで頂きます。満腹になりこの後ホテルへ一旦戻ります。