新松田駅観察

新松田駅観察

JR松田駅に続き小田急新松田駅です。コチラは時間があまりなく観察できませんでした。

新松田駅南口

コチラも線路をまたいで南口と北口があり、北口は橋上駅舎になっています。コチラは南口でJR線乗換口で駅前にはバス、タクシー乗り場があります。

券売機は2台あり、特急富士山の特急券が買えるかはわかりません。

小田急はしっかり自動改札機が設置されています。

バス乗り場

バスは富士急湘南バスと箱根登山バスが乗り入れており、小田原駅や山北駅まで行く路線もあります。バスターミナルなブログさんにバスの詳しいレポが載っております。

富士急湘南バス乗り場の後ろには案内所があり、定期券などを購入できます。

箱根登山バスの方が大型車で病院や高校などへ行く路線です。

一方の箱根登山バスも案内所を構えています。

隣は箱根そばになっており、コチラは線路沿いにありこの裏側が線路になっています。富士急湘南バスは一般の建物にテナントとして間借りしていますが、コチラの箱根登山バスは小田急の用地を利用している感じです。

南口横には古そうな変電所もあります。

線路配置

今回も絵に書いてみました。駅の新宿方にJR線との連絡線が設置されているほか、小田原方には新松田駅折返用の引上線が設けられています。

ホームは2面4線の待避構造でホーム有効長は10両分あります。しかし、ホームの先端はかなり狭くなっています。

新宿方の分岐器の先にはJR御殿場線の乗越橋りょうがあり、小田原急行線線路橋の名称です。2連の下路鋼鈑桁で小田急の線路は窮屈そうです。

昔からココだけコンクリート道床になっています。排水の関係なのか、空頭が低いから高さを維持するためなのかはわかりません。

もう少し新宿方へ行くと分岐箇所があります。特急富士山や甲種輸送の列車がココを通過していきます。

新松田駅は利用したことがないので、もう1回詳しく見に行ってみたいと思います。

第0回とまれみよ運転会に行ってきた

先日、つかささんからHOのとまれみよ運転会のお誘いがあり行ってきました。

第0回とまれみよ運転会!なぜ第0回かというと今回テストランのため、最悪走らないということでした。HOはギャップの切り方をしっかりしないと思ったような走行できない事があり、確かにその部分が課題となっていました。なので第0回でした。

すべてつかささんがセッティングです。車庫はMDFに篠原のレールを貼り付けた即席地面となっています。

高級車が並んでいます。つかささんをはじめ東武のコアなファンの方々が多くこのような車種展開です。

東武ってこういう急行型の車種もあり、ファンになると経済的に大変です。貨物列車もあったりしたためミニ国鉄なんて言われていました。40年くらい前のお話です。

コチラはつかささんの西武の貨物列車です。

付近へ昼食を食べに出かけます。昔は銀行だったであろう建物で、今は住宅関連の会社が入っていました。

で、その斜め前にあるインドカレー屋さんへイン。大好きな豆のカレーで頂きました。

さて、午後の運転会となりますがマッタリモードでただ眺めているだけでした。ヘッポコ工場長が持って行ったのはアメリカ海軍輸送隊のGE44t機と佐々木也寸志さんから購入したコーンシロップのタンク車です。

さて、午後のマッタリした中、離脱するメンバーを駅まで見送りがてら今度はおやつを買いに「肉まん研究所」なるお店へ。

つかささんから色々おすすめがありましたが、全てがおいしいということがわかりました。豚まんをいただきます。

肉まん研究所の帰路、E531系のあずき列車が通過していきました。そして、夕方早めにお片付けです。

そしてお片付けの後は乾杯!お好み焼き屋さんへイン。

お好み焼きなんて何年ぶりだろう?

そして、関西人がいたためもんじゃ焼きもオーダー。

適度に気分転換となり楽しい運転会でした。帰路は東京上野ラインのボックス席で帰宅しました。

第1回の運転会が楽しみです。

特急ふじさんに乗車して町田ヨドバシへ

先月末ですが、関東では町田のヨドバシカメラにしか在庫がない商品があったため、町田のヨドバシカメラに買い物へ。が、そのまま行ってもつまらないので松田駅からロマンスカーで向かうことにします。以前、同じく「あさぎり号」に乗車して新宿のヨドバシカメラへ向かったこともありましたが、あれから13年経ちました。前回のレポートはコチラを。
まずは、朝ラッシュ時の大船駅から東海道線で下ります。先頭車両や最後部車両は座れるのでハザで向かいます。

30分ほどで国府津駅に到着です。国府津駅はそこそこ降車客がいました。国府津車両センターから、特急湘南の回送列車が立て続けに小田原へ向けて出庫していきます。

20分ほどの待ち合わせで御殿場線へ乗り継ぎます。もう少し後の東海道線でも全然乗り換えが可能ですが、着席したかったため余裕を持って到着しました。御殿場線は日中は1時間に1本、朝ラッシュ時でも1時間に2本とかなり減便となりました。

直ぐに列車が入線してきました。ロングシート2連とクロスシート2連の4両編成です。

御殿場線経由三島行きの方向幕です。LEDに改造されてしまうのでしょうか。

車内はご覧の通りですが、出発間際になり学生さんでいっぱいになりました。

出発するとすぐに富士山が見えてきます。

国府津車両センターには鶴見線の205系が大量に留置されていました。朝ラッシュ中なので予備車などを残して車庫の中はすっからかんです。

途中交換待ちなどがあり、4駅を15分ほどで松田駅に到着です。

駅舎は新しくなっていました。

13年前に来たときは国鉄然とした地方駅舎でしたが、建て替えられていました。横にあったストアーもなくなり、入口の位置も若干変わっていました。駅のレポートは別の機会に。

改札には自動改札機がなく、簡易タッチ機があるのみでしたが窓口は健在です。窓口があるのでココでロマンスカーの特急券を発券してもらいます。

今回の目的はこの硬券で、硬券は存在です。あさぎり号の運転終了や乗り入れ区間の縮小、運賃改定などターニングポイントは何度かありましたが廃止されず残っています。

特急券部分は硬券で、指定席券部分はマルス発券によるものでした。前回は85ミリ券でしたが、今回は横長の120ミリ券になっていました。

以前の乗車券は硬券でしたが、残念ながらマルス券になってなっていました。町田まで行く予定でしたが、連絡運輸範囲の協定上特急停車駅しか発売できないようです。相模大野駅と町田駅は同じ運賃帯なので実際は町田駅までいけました。

前回来たときは曇りでよくわからなかったのですが、ホームから富士山がよく見えます。列車は定刻通り入線してきました。ココでJR東海から小田急へ乗務員の交代が行われます。やってきたのは6両編成で、前面にはデビュー15周年の記念シールが貼られていました。

9時15分発、特急ふじさん2号です。前回乗車した時は11時台でしたがこの時間帯の列車はなくなってしまいました

松田駅から乗車したのは10人ほどです。車内もご覧の通りですが、ネット予約状況を見るとかなり乗車があるので、このあと新宿へ近づくと混雑してくると思います。

MSEの乗車は初めてなので車内を見て回ります。車内にはかつての車内販売のカフェカウンターの名残がありました。元々売り上げは減っていたようですが、コロナがとどめを刺した感じです。ロマンスカーは「走る喫茶室」を名乗っていましたが寂しい限りです。

見本やお菓子などがが入っていたであろうショーケースにはVSEの写真が飾られていました。

飲み物の自販機があり、収入増に協力するため購入することにします。

が、10円釣銭切れのため購入できませんでした😂
交通系ICが使えればよかったのですが、現金主義のようでした

35分で相模大野駅に到着し、1分ほど停車して出発していきましたが、ココから乗る旅客が結構いました。

ココから1駅お隣町田駅まで移動します。

町田駅に到着した列車は新宿側の引上線に入り、折り返し各停藤沢行きとなっています。

そして、目的のヨドバシカメラに到着し無事に購入できました。帰路は小田急線の快速急行藤沢行きに乗車し藤沢経由で30分程で大船駅に到着したので往路の6分の1の時間でした。