東急4112F出場

橫浜のJ-TRECから旧5166Fこと、4112Fが10両編成で出場したため、甲種輸送を見に行ってきました。新製の2両は車内が見えない状態、かつ帯が無い無垢の状態のため色々憶測が飛び交っています。

東急4112F出場

牽引機到着

大船駅でいつも通り牽引機を待つことにします。定刻通りやってきて今回はDD200-1号機でした。

トップナンバーですが何台いるのでしょうか。愛知のプレートを付けています。

その後先回りして逗子駅で待ちます。

4112F甲種

コチラも定刻通り、神武寺から引き出されていきました。いつもなら陸橋とか第4種の山の根第2踏切とかに行くのですが、あまりにも暑いのでホームで待ち受けました。

元が5166号車であることが、透視法によりわかります。今回の輸送編成は
DD200-4612-4712-無垢-4012-4912-4812-無垢-4312-4212-4112です。

この車両はどうでも良いと言えばどうでも良いです。

今回のメインは車番が振られていない2両です。車内は黒いビニールで覆われていて見ることが出来ませんが、L/Cカーではないか、というのがもっぱらの噂です。

接合部の高さなどは同じようです。コチラの車両はパンタが無く、床下の機器や欠番消去法により、サハとなるようです。

もう1両はコチラ。1基パンタを載せてデハ4500ではないかと思われます。

ココが分割点のようです。

どんな塗装になるか楽しみです。

間違いなくデハです。

伊豆急貸切乗車【その4・終】

駅に戻ると少しだけ撮影タイムがあり、留置線に入れてもらえました。

どちらかというと車止め撮影したりしていましたが、元住吉にあるのと同じタイプです。

その後、駅に戻り出発時間まで待機します。乗車券売り場はやはり窓口の方にお客さんが並んでいます。指定席券は窓口でしか買えないのもあると思いますが。

踊り子号は自由席が無くなってしまったので、券売機では座席未指定券しか発券出来ません。

時間がまだあるため、お土産物屋さんを覗いてみます。

干物が沢山売られています。かます、えぼ鯛など首都圏ではあまり見ない干物です。

ラッチ上の電光掲示板に出発時刻が表示されたのでホームへ入ります。

入換が終わり3番線に据え付けられていました。お顔はこっちの方がしっくり来ます。

途中の交換駅で、対向列車を撮ったりしていました。貫通扉真ん中の帯がグリーン車みたいな色になっています。

っと言うわけで伊豆高原駅に到着し、解散となりました。直ぐに上に上がる様に指示があったので車両の写真は撮っていません。車庫にはアントが出ていました。

15分ほど後に出発する、最終の熱海行きに乗車します。伊豆急線内から熱海までの直通は15時台で終了し、そのほかは全て伊東駅での乗り換えとなってしまいます。

3+3の6両編成です。

ちょっと居眠りしながら熱海駅に到着です。

接続5分ほどで、上り東海道線が出発します。

居眠りしながら大船駅に到着しました。久々の伊豆急楽しんだ一日でした。

ご笑覧ありがとうございました。

伊豆急貸切乗車【その3】

ロープウェイから新下田駅を見下ろします。川はかなり濁っています。

線路も見えましたが、列車は通りませんでした。

寝姿山山頂駅に到着です。

ロイヤルエクスプレス風の喫茶店が山頂駅内にあるとのことで行ってみると・・・定休日でした。

残念です。

ロープウェイの動力源なんかを見ていきます。

山頂から下田湾を見下ろします。ペリー提督が来たのはどの辺りでしょうか。

山頂にはコレだけ観光施設があるようですが、よくわからないので乗ってきたロープウェイで帰ります。ロープウェイは15分間隔の運転です。

30年位前に1度来たことありましたが、もっとぼろい駅舎でした。

降りてきまして、観光地の街並みを観察します・・・が、シャッターが閉まった店も多く箱根とかとは違い、お土産屋さんに活気がありません。このロゴはありなんでしょうか(笑)

バス乗り場を観察してみます。ココは東急系列では無く、東海バスの天下となっています。

なんか昭和です。

駅の周りを観察してみます。駅舎は景観に配慮しているのか、高さが全然ありません。

踏切へ向かってみます。サフィールと黒船が並んで止まっていました。左奥には乗ってきた8000系が留置されています。

留置線3本を含め、引上線が無いため全て本線に合流しています。入換作業の頻度が少ないから大丈夫なのでしょう。

架線車や留置施設、材料置き場を観察します。

松山製の架線車です。

横にはドラム運搬などで使われると思うトロがあります。

直角の横取なんかもよく見ておきます。

少し伊東方へ移動して、旧貨物駅跡を見てみます。ココは保線基地になっています。

東急から譲渡されたモーターカーがいました。そろそろ駅へ戻ることにします。

-つづく-