2020冬四国・関西へ-その2-

9640形の列車がやってきました。普通安芸行きで、コレに乗り車庫のある安芸駅を目指します。

車内はこんな感じで、ワンマンかと思いきや女性の車掌さんが乗っていました。車内座席はロングとクロスが車体中央で分かれています。

一番前でかぶりつきます。交換待ちでした。

出発信号機が進行信号になり発車です。

オートマ車ですが変速ショックが大きく感じました。しばらく進むと遠方信号機が近づき、次が交換駅であることがわかります。進行を現示しています。

夜須(やす)駅が見えてきました。曲弦トラスの鉄橋とその先トンネルが見えていて、景色は見ていて飽きません。

2キロほどのトンネルを抜けると目の前に海が広がって見えます。

広大な土佐湾を横目に列車は進みます。

何カ所か交換駅を過ぎ再び遠方信号機が見えてきました。遠方減速です。

安芸駅と併設する車庫が見えてきました。この列車は安芸駅止まりで、この先は安芸駅始発の列車に接続して、奈半利駅まで行けます。ここまで30分ほどの乗車でした。

乗ってきた列車は、旅客の降車が終わると折り返し列車にはならず、入換信号機に従い入換開始です。

引上線に移動していきました。

検修設備には機械洗浄機もありました。

この駅も両線に出発信号機があります。何か違和感を感じました。

入換信号機識別標識が灯器ではなく描かれています。経費的な部分があると思いますが、最初から制定しなくてもよかったのでは、っと思ってしまいます。大人の事情があったのでしょう。

駅を出てみます。和風な駅舎です。

コチラは駅員さんも居る駅で、改札業務も行われていました。

「ぢばさん市場」なる産直コーナーが併設されています。皮肉なことに駐車場が併設されているため、ほぼ全員のお客さんが自動車でやってきています。

乗車券を購入しホームへ戻ります。コチラがさらに終点へ行く奈半利行きです。

奈半利行きと背中合わせで止まっている快速高知行きに乗ります。阪神タイガースの車両でした。

車内も阪神一色です。そういえば鉄コレが出ていたような。

クロスシートに座り、後免町駅を目指します。車窓からは津波避難用の建物が何カ所も目にとまりました。

快速運転だったため、30分ほどで後免町駅に到着しました。

土佐くろしお鉄道は高規格路線のため高架駅ばかりで、設備的にはちょっと物足りなかったです。

土佐電の駅を目指します。線路がS字状になっているのが見えました。

-つづく-

2020冬四国・関西へ-その1-

今年はがらっと生活様式が変わる年で、旅行にすら行けないという戦時中に匹敵する状況でした。コロナは戦前、戦後みたいな区分けになる出来事です。

何とか旅行ができる状態になってきたのでマイル消化と宿のポイント消化をかねて久々の遠出です。大船からのリムジンバスはコロナで運休中のため、京急で羽田空港へ向かいます。

出発ロビーは午前8時過ぎというのに活気がないです。中国人が全く居なく、出張のサラリーマンもほとんど居ません。

保安検査場を抜けるとさらにガラーン。

朝間の四国や離島便は沖合からの出発なのでバスロビーへ向かいますが、バスロビーもご覧の通り。ちょっと前では考えられない人の少なさです。

81~90番くらいの乗り場がバス移動の乗り場になります。

出発時刻の25分くらい前から搭乗のためのバス乗車が開始されました。

優先搭乗も含めバスの場合、サッサと乗り込むと結果的に飛行機へは最初に乗れなくなってしまいます。ステータスある人はなんであんなに急ぐのかわかりません。ちなみに、ヘッポコ工場長は2台目のバスに乗りました。

5分ほど待って出発です。

駐機場所がかなり遠く、4分ほど走ってやっと飛行機に着きました。

丁度消防署の前で、消防車が観察できました。沖合の駐機は乗るまで面倒ですが、色々観察できるのでいいこともあります。

ドアが閉まり、定刻より若干早めに出発です。クラスJは満席で、普通席の方が空いていました。

トーイングトラクターのプッシュバックが終わり、地上クルーのお見送りです。

久々に関東の天気がいい日のテイクオフです。

武蔵小杉~溝の口です。右手前のビルは下丸子のキャノン本社です。

横浜港もよく見えます。

厚木基地です。快晴とまではいきませんでしたが、久々によく景色が見えました。

富士山は東京方面だけ雪化粧しています。

機内サービスが始まりまり、リンゴジュースを注文しました。以前は飲み物に蓋は着いていませんでしたが、コロナ対策でしょうか。

漁港も上からよく観察できます。

1時間10分で高知に到着しました。所定より10分延で到着です。45都道府県にいったことがあり、残り2つのうちの一つが高知県でした。

737-800の小型でした。

高知空港の人が少ない感じです。

坂本龍馬は有名ですが・・・

アンパンマンの作者やなせたかしさんが暮らした街として、高知県はアンパンマンを全面的に推しています。

高知市内へはリムジンバスを利用しますが、今回は土佐くろしお鉄道に乗ってみたいため、そちらの途中駅へタクシーで向かいます。リムジンバスは飛行機の到着に合わせて出発します。

タクシーに乗り込みます。メーターがおもしろいところに着いていました。

10分弱でのいち駅に到着しました。平仮名の駅名です。

券売機はありますがラッチはありません。

土佐くろしお鉄道は単線で、のいち駅は交換駅になっていました。両線、両方向とも出発信号機があるため、どこからでもどっちにでも運転ができます。

1両編成の9640形がやってきました。

-つづく-

帰宅

とても暑い西日本から帰宅します。

しかし、米原が近づくと曇ってきました。

名古屋を過ぎた辺りから晴れてきてまた熱海から曇ってきてしまいました。小田原乗り換えで帰宅しました。