2016初冬ベルギー・ドイツへ-その17-

イタリア区間にあった廃車体。

 
海岸縁にあるのは、リゾートホテルです。

 
こう言う作り込みもしてみたいです。

 
観光名所なのでしょうか。電飾がキレイです。

 
コントロールルームへ向かいます。

 
ローマ区間も監視出来るようになっています。

 
インターホンも観察しておきます。

 
昨年見当たらなくなっていたエンバカデロー社のプレートは、しゃがんだらシェードの裏にありました。

 
恐ろしい数のケーブルです。
 
再びレイアウトへ。何かの撮影シーンのモデルです。

 
コチラはテレビ局のニューススタジオが表現されています。

 
駅内のレストランがありました。ずっとあったけど気にしていなかった感じです。

 
こんなレストランで食事してみたいです。

 
私もお腹がすいてきたので食事を摂ることにします。スタッフは人数が多く顔は覚えてませんが、昨年も色々聞いて顔を見知ったスタッフがいました。
カレーソーセージの付け合わせはフライドポテトだけか聞いたら、希望を聞かれ野菜が食べたいと言ったら「問題無いわ」ッと言うことで、ソーセージと野菜を注文することができました。

 
閉館まで居て、ほろ酔い気分でホテルへ戻りました。
-つづく-

2016初冬ベルギー・ドイツへ-その16-

カラーリングがさわやかなメトロノーム。

 
10周年の記念塗装車でしょうか。

 
最後部の制御客車。

 
スナックとあります。

 
自販機と自転車スペースがあります。

 
こちらも自転車が載せられる車両です。

 
コチラは1,2階とも2等車の車両です。模型が欲しいです。

 
再びUバーンに乗り、ワンダーランドのあるヴァームワール駅へ向かいます。

 
下車すると辺りはすっかり暗くなってました。怪しいライティングのスタジオがありました。

 
曇りですが、澄んだ空気できれいな夜景です。

 
そこそこすいたワンダーランドを再び探索します。

 
-つづく-
 

2016初冬ベルギー・ドイツへ-その15-

ミュージアムショップを覗いてお土産を探します。やはり書籍が多くなり荷物になるのと、混雑が激しくなってきたため一旦ホテルへ帰ることにします。

 
再入場のスタンプを押してもらい外へ出ます。外には更に、これから入場しようとする小学生くらいの団体さんがいました。

 
ヴァーム・ワール駅から中央駅へ戻ります。

 
昼食がちょっとしょっぱかったせいか、のどが渇くので駅スタンドで水分補給していきます。

 
見て回りましたが、スタバが一番空いていたのでスタバへ。


 
のどを潤してホテルへ向かいます。何とも言えないセンスのポスターですが、ミュージカルの様です。

 
荷物を置いて、ちょっと休んで再びワンダーランドへ向かいます。3時前ですが相当暗くなってきました。

 
もう真っ暗に近いです。

 
かっこいい!

 
再び中央駅。

 
かっこいい!

 
見慣れないカラーの客車が居ました。

 
-つづく-