軌陸保線車両セットB【トラコレ】

軌陸保線車両セット

セットBはAと若干車種のチョイスが違いますが、カラーリングが道路作業車のような感じでのカラーリングになっていて、自由形と言ったかんじでしょうか。

日野ライジングレンジャー(ユニック付き)

セットAと同じようにライジングレンジャーのユニック付きです。3t積みっぽい平荷台の軌陸車です。

日野ライジングレンジャー(ダンプ)

コチラもライジングレンジャーのダンプですが、Aとは違いダブルキャブとなっています。白とか青のカラーリングでダブルキャブのトラックを出してもらいたいです。

コチラのダンプもダンプアップできます。

クローラークレーン

セットAと同じく、プロトタイプの表記がない2.9t吊りクラスのミニクローラーです。成型色1色なのでトラコレの印刷と比べるとかなりおもちゃっぽいです。

油圧ショベル

油圧ショベルとなっていますが、コチラもプロトタイプの表記はなくミニユンボといった感じです。0.03m3クラスのバケット容量と思われます。

背景台紙が付いていて、今回は踏切を模したものが2種類入っています。

軌陸保線車両セットA【トラコレ】

軌陸保線車両セット

トミーテックのジオコレシリーズのうち、トラコレから軌陸車のセットが発売されました。以前は、ケースの中に軌陸ユンボが入ってた感じですが、今回はレギュラー品ででました。トラック類は今までのトラックに車輪部分がアタッチメントで取り付けられているだけで、外せば普通のトラックにもなります。

セットには4車種とフィギュア2体が入っています。

日野ライジングレンジャー(ユニック付き)

何度か発売されている日野ライジングレンジャーユニック付きの軌陸車です。平荷台で3t積みくらいのヤツです。こうやって見ると車輪がよくわからないで、埃が目立っちゃってます(汗)

日野ライジングレンジャー(ダンプ)

今までも何度か出ている日野ライジングレンジャーのダンプです。3.5t積みくらいかと思われます。改良工事区間などで砕石運搬などにはもってこいです。

今までのトレコレダンプと同じように荷台をダンプアップさせることが出来ます。実車は三転ダンプ機能を備えているのもあります。3.5t積ダンプだとすると、道床砕石は単線換算で約1.3m分となります。

お求めはコチラ。


クローラークレーン

コチラは特にプロトタイプとなるメーカー車種の表示はありませんが、どちらかというと2.9t吊りクラスのミニクローラーという感じです。コレに乗せるフィギュアも2体入っています。

タイタンパー付きミニユンボ

想定としてはミニユンボのアタッチメントをタイタンパーにした設定です。改良工事区間などで、マルタイが入れない箇所などはこのようなミニユンボタイプのタイタンパが活躍します。

中規模程度の改良工事で、マルタイがでられないときは軌陸のタンパが編成を組んで作業を行います。マルタイは年間でスケジュールが押さえられているので、改良工事などでの出番は都合が付かないことがあります。

っといってもアームの先端を見てみると、タイタンパには似つかない、ニブラとも言いがたい物が付いていました。ちゃんとしたタンピングツールを取り付けてもらいたかったです。

マルタイのタンピングツールと同じ形状をしています。

マルチプルタイタンパー【東海道貨物線にて遭遇】

マルチプルタイタンパー

先日大船駅にて、東海道貨物線でマルチプルタイタンパー(マルタイ)による搗き固め作業が昼間行われてたので、ちょっと観察しました。マルタイは編成で作業を行うため、直ぐ後方にはバラストを正整するバラストレギュレータの作業車も続いています。
マルタイ作業のルールなどは先日の記事をご覧ください。

マルチプルタイタンパー【マティサ社製B50】

マルタイはほぼ2社で全世界のシェアを独占しており、コレはスイス・ローザンヌにあるマティサ社製のマルタイB50形です。マルタイはこのほかに模型でもでているオーストリアにあるプラッサー&トイラー社製もありますが、歴史的にはマティサ社が一番最初にマルタイを製造しています。ただ、世界シェアでは現在はプラッサー製が大半を占めています。

コチラが後方になります。奥がマルタイ本体で、後方は検測台車になっています。少数派のマティサ社製ですが、知り合いのマルタイオペレーターの話では、マティサ製の方が言うことを聞いてくれるそうです。

ルール通り起点方(東京側)から作業がおこなわれています。タンピングツール部は防音装置が下ろされています。スイスの写真でしょうか。

検測台車は2軸の板バネで貨車のような構造です。

バラストレギュレーター【プラッサー&トイラー社製KSP2002】

コチラは、マルタイ作業後道床の締め固め、砕石整理を行うためのバラスト正整車です。道床砕石がしっかりと成形されている区間では、前面下部でハの字上のプラウは作動していません。

花柄が描かれているため、模型で再現するにはインレタなどがでてくれないと不可能に近いです。

スタビライザーやコンパクターで道床の転圧締め固めをおこないます。後方にはスーパーはぼきのようなブラシが付いていて、回転しながら枕木上の砕石を片付けていきます。

後方作業

この辺は鉄道事業者によって採用が異なります。

建築限界定規

コチラは下部の建築限界定規になります。コロコロと転がして作業後建築限界内に物がないか、資機材の忘れ物がないかを確認します。曲線区間になると偏倚量を計算して限界を広げることが出来ます。

トラックマスター

マルタイの検測台車と同じような感じですが、一番最後に軌道の仕上がり状態を確認する機械です。コチラも手押しでコロコロと転がせていきます。

データをSDカードなどに書き込ませて、事務所のパソコンで読み出して数値を管理します。以前は数10kgありましたが、最近は軽量小型で大人2人で持ち運び出来ます。

東海道貨物線で作業が行われていたたため、貨物列車は旅客線を走行していきました。