トラ塗色考察

色の考察、赤3号のトキです。

カメラで判断するのもアレですが、褪色や貨物品痛みもあるため赤3号のはずですが、くすんでる感じです。。

赤い顔料は軽いので、早々に抜ける傾向があります。褪色しやすいわけで、何とも判断つかないです。究極のA君とB君の色が違うというGM先代社長の名言があるため、赤13号で行きます。

スポンサーリンク

113系1000’番代-その26-

トイレタンクは検討した結果トミックス製のトイレタンクを使用することにしました。

そのままだと下限限界に抵触するので削った後、ミッチャクロンで下地を行い、西武アイボリーでタンクを塗装後ゴム系で接着です。

サハには水タンクが必要なのでコチラの部品からタンクを持ってきます。このまま付けるとやはり下過ぎなのでヤスって取り付けます。

厳密には場所はもっとトイレ寄りですが、床下機器の大移設が発生するので、空いているスペースに取付雰囲気重視とします。

サハは竣工となるためアントで移動して組成試走となります。年度が明けましたが、よく財務屋さんが例える日付で今日は3月34日にあたり、前年度竣工車になりました。

トイレタンクが付くと下回りが引き締まります。

先行竣工したクハにも取り付けてみました。

モハ112も避雷器、パンタを取付竣工となりました。

トラはカプラー交換と内側の塗装で入場しました。本来の塗装は赤3号のようですが、トキ25000などに比べると若干くすんだ色に感じ、今回は赤13号を吹き付けてあります。また全体がツヤツヤだったため#182艶消しクリアーを吹き付けました。煽り戸を外して整備中で、煽り戸を外すと構内用運搬車としても使用出来そうです。


スポンサーリンク

ホキとコキ

先日購入したネコロジーコキとホキ5700を3週間ぶりに袋から出しました。
初のヤマト運輸コンテナーなのでネコロジーは沢山導入したいところですが、実物は20個くらいしかないそうです。

このあとカプラーを交換します。