埼京線渋谷駅

コロナの影響で自粛が続いている間、首都圏では色々路線の変化がありました。そのうちの一つが埼京線の渋谷駅です。今までは貨物駅の跡地にホームがあったため、山手線とはえらく離れていましたが、東横線の敷地も使えるようになったため、埼京線ホームは山手線ホームと並ぶようになりました。

新南口までは旧ホーム部分をずっと歩いて行くようになっています。

今までの連絡通路の部分?

付近では、再開発が行われています。

ココは渋谷駅桜丘口地区再開発工事で、将来的にはココの上にJR線の改札口ができます。

なんだか何線だかわからない行き先が並んでいますが、工事はこの先も楽しみです。

さて、我が家のニャジラさんですが、お風呂に入る際いつもついてきます。しかし、最近はヘッポコ工場長がお風呂入る前に先回りして、蓋の上に乗っかって、蓋を開けさせないようにしています。

バスコレ-KEIKYU OPEN TOP BUS 三浦-

京急バスの事業者限定バスコレ、三崎を走るオープントップバスが発売になり、通販で購入してみました。
京急の通販サイト「おとどけいきゅう」から注文をし、翌々日には届きました。長細いものが届いたので、注文を間違えたかと思いましたが、入っていたのはご覧の通り、バスコレ1台でした。

バスはふそうエアロキングで、オープントップバスなので、屋根は開いています。きれいな塗色や前面のけいきゅんなどがきっちりと印刷されています。

1/1と見比べても、特徴はしっかりと出ていて、よく再現されています。

リヤもいい感じです。

ナンバープレートも2100でしっかり再現されています。路線待っていてコレがきたらみんな上に乗るのかな。

座席は青一色です。実際は背もたれがエンジになっていますが、この辺は値段との兼ね合いですかね。

雰囲気は出ています。

都会には似合わないバスです。海沿いを走るわけではないので、山道が似合いそうです。

池上駅橋上駅舎化

東急池上線池上駅の駅舎改良工事が大詰めとなっている模様です。池上駅は東急最後の構内踏切を持つ駅ですが、橋上化に伴い構内踏切も廃止になります。

かつては、昭和くさいというか古風な駅舎でした。

上と同じアングルで撮るとよくわからないので、ちょっと引きアングルですが、5階建ての駅ビル併設の駅舎になります。改札は3階あたりでしょうか。ほかはどんなテナントが入るのか楽しみです。

構造的にもおもしろく、なかなかいい感じの駅舎でした。

上の写真と同じアングルですが、現在はプレハブの仮駅舎です。

秋頃竣工のようです。