保土ヶ谷駅のTMC200

先週末は秩父鉄道の広瀬川原駅でお祭りがあり、保線車やスイッチャーが盛大に展示されていたようですが、ヘッポコ工場長は通勤の時、横須賀線の車窓から見える保土ヶ谷駅材料線に留置されているTMC200が気になってます。
連休前から車輪をもがれて自車転車台でジャッキアップされ、バンコに載せられたたままになっていました。
塗装が塗装だけに廃車解体かと思ってました。横取り装置なんかもよく見えます。

先週末保土ヶ谷駅を通ると車輪が填められ整備されてました。車輪の削正だったようです。

保土ヶ谷駅の側線はレールセンターのようでして、たまにチキがモーターカーに連結され入線しているのを見かけます。この時はTMC400が牽引してきたようです。

その後ワンフレームトロなどに載せ替えられ、各施工箇所へ運ばれていきます。

横須賀線の本線と平行して着発線も設けられていて、10時頃になると朝間ラッシュ時に運転された湘南ライナーなどがココまでやってきて間合いの後、折り返していきます。

着発線は片渡りが設けられていて、機回し線も兼ねているようです。

写真右側の建物部分はレールセンター部分と共にかつての貨物ホーム跡地で側線が敷かれていました。車扱いの中には秩父鉄道のスムなどが相鉄線への継走地点として沢山止まっていたようです。貨物の取扱は横浜羽沢駅に合併されて側線も役目を終え、現在はマンションなどが建っています。

“保土ヶ谷駅のTMC200” への2件の返信

  1. お晩でございます
    確か
    横浜折返のN’EXって253系時代
    大船入区しないパターンは
    一時期保土ヶ谷折返をしてませんでしたっけ?
    湘南ライナーのスカ経由パターン
    スカ線から直接田町に入れないんで一度折り返すと聞いてましたけど…
    新鶴どころか保土ヶ谷まで走らされるとは

    1. >南栗橋車両管理区荒川支所さん
      NEXは最近でも見た記憶がありますが、もうやってないのかな。
      10時頃はおそらく新鶴見もイッパイで、保土ヶ谷折り返しは苦肉
      の策だと思います。
      新鶴見から保土ヶ谷まで10分位ですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です