鉄コレ伊豆急C-その3-

Cセットの一番上にあるのは低運車のクモハ120です。特に変わったところはありません。

クモハ120は開通祝賀列車に選ばれ、建設に絶大な意欲を持って臨んだ五島慶太翁の遺影を貫通扉に掲げて走行した車両です。

変わってサロは186です。コチラは前回のサロ185と違ってトイレ窓に白ガラスが入れられています。ベンチレータ配置も前回とはちょっと違う配列になっています。

サロ186の写真ですが、トイレ窓洗面所窓付近を拡大するとのガラスは白ガラスでは無く磨りガラスになっています。

まぁ、ご愛敬と言うことで。でも、白ガラスの方がかっこいいです。


ここ最近の暑さにすっかりやられてしまいました。

2 Replies to “鉄コレ伊豆急C-その3-”

  1. モデラー様こんにちは。
    鉄道コレクション伊豆急Cセット
    貴重な当時の写真との組み合わせの公開良いです!
    私はまだ箱から出してないので、早めに整備しようと思います。
    まだ今後の期待してよさそうなですが、
    Dセットは歯切れ悪いので頭文字とりSセットみたいのが欲しいです。

    1. >D-Trainさん
      ご無沙汰しております。
      ありがとうございます。DセットはD-Trainさんを彷彿させますね(笑)
      私もココまで来たら一層のこと1000形とED2511も出してもらいたいです。
      ED2511は「ト」を付けてト30形風でも良いので以前の貨物列車セットにあっ
      た無蓋車をセットに付けて欲しいです。
      雰囲気的には先に冷改後が出そうな感じですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です