静岡ホビーショーへ-前編-

発車案内盤

今年も静岡ホビーショーの時期になりました。コレが終わると梅雨入りって感じでショボーンとしますが、梅雨入り前の元気を注入する機会です。新横浜駅から新幹線に乗り静岡駅へ向かいます。

N700系

久々の東海道新幹線の乗車です。今回は指定を取っていたのでひかり号で向かうことにします。

車内

窓際は全て埋まり、C席もそこそこ埋まっていました。

駅弁

ひかり号なので、乗車は一駅わずか40分の行程です。腹ごなしに崎陽軒のチャーハン弁当を頂きます。

チャーハン弁当

最近はシウマイ弁当もシウマイが小さくなったりした感じで、このチャーハンに入っているシウマイも極小サイズとなっていました。

段々住宅

名物、平塚の三角屋根が見える頃には食べ終わりました。

富士川

曇っていて富士山は見えずです。富士川を渡ると、静岡駅はもうすぐです。

静岡駅

定刻、静岡駅に到着しました。

在来線

ココで、三島行きの東海道線上り列車に乗り換えます。

東静岡駅

一駅乗車し、東静岡駅で下車します。

グランシップ

まずはグランシップのトレインフェスタへ。

ミニSL

広場に着くと石炭の香りが充満していました。子供達を乗せてミニSLが出発準備中です。

1階

中へ入るともの凄い人です。1階はHOやOゲージなど大きな模型の展示がメインです。

ピカチュー

この一番手前のサークルにはピカチューが乗っている展望車がいます。

自作コントローラ

自作のコントローラ類も気になります。タイマーが上面に設置されていますが、何のタイマーか気になります。

メトロ

アメリカンな地下鉄が落書き付きで走っていました。落書きは売っているのを知っていますが、地下鉄も売っているのかなぁ?

ココにはチェコのレタリングとカラーが施された車両がいました。

軽便

子供ウケが良いとは言いがたいですが、大人にはウケている軽便もありました。

いつもこの薄暗い場所に、この夜景バージョンのサークルがいます。薄暗いので夜景が楽しめます。

トーマス

トーマスはゲージを問わず人気です。トップハム・ハット卿のフィギュアも居ます。
エレベータ乗るための行列に並び10階へ。

ボシサン

10階はNゲージがメインです。劇団サンポールのモジュール群へ行き、酒ヤケの声がれをしているボシさんの所へ。

下神明

コチラも下神明がよく再現されているモジュールです。

下神明

大井町線が本線なんですね。JR側が本線かと思いましたが。大井町線客車列車が通過していきます。

コレは奥の月見団子の先に線路が敷いてあります。猫とかは食玩でしょうか?

踏切

踏切は矢印も点灯しているスゴイバージョンです。

コチラも緻密に製作されています。

静岡

変わってコチラは違うサークルですが、地平時代の静岡駅だそうです。貨物取扱所が良い雰囲気です。

車両工場

車両メーカーモジュールですが、前に見たときよりモジュールが進捗したようです。

詰め所

トミックスの詰所を目一杯縦につないだ建物です。

走るバスコレ

モジュール台枠から突き出しで、バスコレが走る場所を確保しています。

車両基地

静岡の貨物ヤードを見渡すと雲が切れてきました。この後サテライト会場の長沼車庫へ向かいます。

スポンサーリンク

2 Replies to “静岡ホビーショーへ-前編-”

  1. 走っている車両を見ますと日曜日のようですね。
    私も出展していたのですが、ニアミスだったようで(汗)
    またよろしくお願いします。

    1. >さざなみ鉄道倶楽部元部長さん
      あら、いらっしゃいましたか!
      残念!お目にかかりたかったです。
      JAMは出展されるのでしょうか。またよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です