京急みさきまぐろきっぷ-前編-

久里浜駅へ

会社の後輩たちと京急みさきまぐろきっぷを使い、三崎から城ヶ島への散策に行ってきました。
京急沿線や都心方面からの後輩が多い中、ヘッポコ工場長は大船駅から横須賀線で久里浜駅へ向かいます。

久里浜行きは朝間でもあまり本数がなく、逃すと30分くらい待つようになります。逗子乗り換えなら区間列車でもいけますが、4両だし、面倒くさいのでがんばって直通に乗ります。
朝間ラッシュ時といえども下り方向なので鎌倉駅を過ぎると、車内はご覧の通りです。

後輩たちとはいつも横須賀港の見学に行きますが、今年は三浦半島の先端までいきます。

40分ほどで久里浜駅に到着です。

駅名看板が新しくなっていました。

この久里浜駅の駅舎は、横須賀駅と並んで好きです。

徒歩3分ほどで京急久里浜駅に到着です。

みさきまぐろきっぷ購入

みさきまぐろきっぷは券売機でも買えるため、券売機の「きっぷ」の口座ボタンから選択します。

さらに「お得なきっぷ」の口座ボタンを押すと、京急は色々なフリー乗車券があるようで、まんなかにあるみさきまぐろきっぷを選択して購入。

久里浜駅からは3090円ですが、横浜駅からだと3400円、品川、川崎駅からだと3500円と同じ運賃なので、遠い方から乗るのがお得です。しかも途中下車可能というので、運賃なんて有って無いような印象です。

3券片制になっていて、A券が往復乗車券(路線バスも利用可能)、B券は食事引換券、C券は優待利用券となっています。

三崎口駅へ

ココで、後輩と1人合流し快特で三崎口駅を目指します。

安定のお子様席へ。

京急久里浜駅から京急長沢駅までは単線なので見ていて楽しいです。

京急長沢駅付近ではトンネルが複線分用意されているところがありますが、複線化は当分無いと思います。

海も見えてきました。

三浦海岸駅の先からも単線になります。終点三崎口駅に到着です。

折り返し時間が3分くらいしか無いようで、運転士さん走って前へ行き、車掌さんも小走りでやってきました。

油壺への延伸はまだまだな様です。車止めはドイツのRawie製の車止めになっていました。

コチラは10年前です。やぐらの車止めがありました。周りの木もずいぶん生い茂っています。

三崎マグロ駅に到着です。

-つづく-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です