第59回全日本模型ホビーショー-後編-

KATO

後編はKATOから。

シーナリー製作の実演をやっていましたが、混んでいて近づけず。空いてから撮った写真がコレ。

水は難しそうですが、やはり、海辺つくりたいなぁ。

貨物ヤードの小物が出るようです。カートレインのパレットや車運車へのスロープなどです。

キット形式なのか、未塗装なのか聞きたかったのですが、混んでいて聞けず。

スロープの正式名称は自動車積卸装置。上段と下段積み込みの2通り組めるのかな?コレは欲しいです。

混んでいた一番はコレ。瑞風です。お立ち台も含めいい感じです。海いいなぁ。

GM

GMはちょっと閑散としていましたが、6000系のQ-SEAT編成出るようです。コレも買いです。

ガイアノーツ

鉄道関係からはかわって、塗料メーカーのガイアノーツです。

よくわかりませんが、サーフェーサーのようなんですが、サーフェーサーに色がついてるんですかね?さっぱりわからないです。コチラも聞けず。

聞けない原因がコレで何かイベントやっていました。

コチラはプレミアムクロームというものだそうです。製造中の車両構体だとピカピカすぎますかね。

UVなんちゃらだそうですが、これまたわからず。

さんけい

ペーパーキットのさんけいです。千と千尋の例のやつです。名前知らない・・・

アクリルケースが反射して上手く撮れません。

Mr.COLOR

パンツメーカーでおなじみのグンゼ産業のミスターカラーです。
フィギュア愛好家にはたまらんちんのいわゆる肌色カラーです。いま肌色って公に言っちゃいけないからややこしいです。

髪の毛を表現する淡いパステルカラーです。つや消し感がよくてオッサレーな建物に使えそうです。

その他

コチラは建築模型のtakeda。角地一戸建てを購入したTくんから前にコレの人間シルエットいただいて、カーテン越しの人影を思案中。

接着剤のセメダイン。色々リクエストとかお話しして最後カタログパンフレットくれました。

コチラはピーエムオフィスエーとか言うところで、いろいろなサイズのペーパーストラクチャーを出しています。

そのなかで1/80の電車庫というのが発意倍されていました。今後の展開が楽しみです。

っというわけで、この後所用があったため、Osgさんとは分割して大崎駅から湘南新宿ラインできたくしました。

ご笑覧ありがとうございました。

-おわり-

2 Replies to “第59回全日本模型ホビーショー-後編-”

  1. いつも情報ありがとうございます。
    水の情景ってなんだか手が出しづらいですよね。
    上下線で新旧の鉄橋が掛かっている河とかやってみたいですが(^_^;

    貨物駅はカートレインも再現できちゃうのですね。浜松町駅が懐かしいです。

    1. >マーボー堂師匠
      水の風景JAMなどでみてていつもやりたいと思っているのですが、難しそうで手が出ません。当初単線だったモジュールとかもやってみたいですね。
      浜松町駅できちゃいますよ。是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です