JR東日本215系【車体編】

JR東日本215系電車

東海道線の混雑緩和を目的として開発された215系電車はその性格上通勤ライナー用として朝、夕間ラッシュ時に多く運転されています。関東圏に住んでいても215系に乗ったことのある人は少ないと思います。かつては湘南新宿ラインなどで昼間の通常運用に付いていた時期もありました。とは言え、東海道筋を通勤時間帯にしか走らないため、乗りにくい列車の1つです。

215系電車の形式

車両は運用上10両固定編成となっていますが、界磁添加励磁制御で4M6Tという今思えば挑戦とはいえ、1990年代前半にはちょっと無茶ぶりとも思えるスペックでデビューしました。東海道線を走ることを目的としていたため、4、5号車はグリーン車となっています。

クモハ215形

215系は両先頭車から2両が電動車になっていて、1号車10号車はデッキレベルより下の1階席が存在しません。クモハ215形はパンタを載せています。

▲10号車は100番台を名乗っています.

性能面では211系を基本とした作りで、床下の主抵抗器や断流器が今となってはクラシカルな感じです。台枠上の床にも機器が搭載されていて点検、搬出入用のふさぎ板が見えます。

▲1号車側.

最近になって、違いがわかってきました。

パンタはPS24を搭載しており、中央東線を難なく走行できるため、休日波動時はホリデー快速ビューやまなしなどでも使用されていました。

モハ214形

クモハ215形とユニットを組む車両で、2、9号車に割り当てられています。電動車ですが、1、10号車と違い1階席が設けられています。

▲2号車

1、2号車と9、10号車は同じ作りの車両を180度反転させて組成されています。

▲9号車

サハ215形

3、8号車を構成する車両です。サハ215形にはトイレが装備されています。洋式、小便器、洗面所と新幹線並みの豪華なサニタリーになっています。

DDLのロゴのある場所がトイレ部分で、トイレの分座席定員が減っています。第2編成以降はATC搭載によるジャンパ線増設に伴い、番台区分が行われています。

DDLは愛称のダブルデッカーライナーの略です。

サハ214形

6、7号車に組み込まれているサハ214形。外観上はモハ214形と同じです。

サロ214形

4号車のグリーン車で車掌室があります。211系から始まった2階建てグリーンとほぼ同じ形です。

G車としては見慣れた感じです。

サロ215形

5号車を構成しているサロ215形でトイレを備えています。コチラもDDLのロゴのある場所がトイレとなっています。


まとめ

バブル全盛期、通勤圏は郊外へ郊外へと移動し、長距離着席率を上げるためにデビューした車両でした。しかし、コロナ禍のため通勤する必要が無くなってきた時代に引退するのは、何となく皮肉に感じます。

ライナーとして走行するのはあと10日間です。緊急事態宣言中で乗車するのは難しいですが、乗車される場合は密に注意してお願いします。

着席定員としては日本一を誇る車内を、次回ご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です