日本初のサーキット場取り壊し

日本初のサーキット場がかつて多摩川河川敷にありました。歴史家やモータースポーツに詳しい方には有名な話しですが、一般には意外と知られていない感じです。写真の階段状の物が観客席跡で、土手の斜面を利用しています。

場所は東急東横線・目黒線の多摩川橋りょう脇で、かつての東京橫浜電鉄が経営を担っていました。開業は1936年(昭和11年)です。下の写真の左側がサーキット場でした。

このサーキット場の客席跡ですが、堤防の高さが規定値より足りないため今月に入り取り壊し及び堤防の改良工事が開始されました。保存されず残念です。

階段を壊したコンクリートガラがどんどん搬出されています。とても残念です。

何とか保存は出来なかったのでしょうか。ちなみに、このサーキット場では本田技研創業者の本田宗一郎もレースに参加していました。

【TOMIX】終端架線柱

TOMIXの車庫セットの中で使用する物のうち、架線柱の終端部分が分売されました。有りそうで無かった製品で、レイアウトを緻密にさせる製品です。終端架線柱とは模型メーカーが付けた用語と思われ、現場では引止柱という言い方が一般的です。

架線柱のほか、トロッコや安全側線緊急防護装置なども入っていて楽しい製品です。

引止柱はラット柱など色々種類はありますが、支線を必要としない鋼材タイプで現代仕様の引止柱です。厳密な時代設定をした場合、旧国を留置させるのはNGです。トロリー線の末端もスプリングバランサーでこれも現代仕様です。一般的には平成以降になります。

その他にもおまけパーツがあり、トロッコなど付いています。

根太と補強材のようなものがみえるので、アルミ製軽量トロと言うより昔の木製トロのようです。

穴は何に使うのでしょうか?

コチラは列車防護装置となっていますが、安全側線緊急防護装置、鼠取りです。素材に色が乗るのか心配な感じもします。

我が家の車庫の末端はちょっと寂しかったのでコレを配置すると引き締まりそうです。

【バスコレ】東京国際空港(HND)バスセットB

PCのサウンドカード移植は無事に終了しました。

東京国際空港バスセットB

バスコレセット販売のうち、東京国際空港(HND)バスセットBを購入してみました。Aはヘッポコ工場長のエリア外になるのでBのコチラをチョイス。HNDと言う事なので、羽田空港に出入りするバスと言う事になります。

セット内容は東武バスセントラルのいすゞガーラ、ターミナル連絡バスの日野ブルーリボン、神奈中バスの三菱ふそうエアロエースの3台です。

東武バスセントラル【いすゞガーラ】

東武バスセントラルの空港リムジンバスです。どちらかというと我が家ではエリア外になるためよくわかりませんが、一般的なセレガーラのようです。

東武の塗装は国際興業のような野暮ったさがなく意外と好きです。

ターミナル連絡バス【日野ブルーリボンハイブリッド】

日野ブルーリボンのハイブリッド仕様です。空港内使用特性上低床バスになっています。空港内のターミナル間を移動するための無料バスなので、街中でお目に掛かることはありませんが、ボーディングゲートへ行くバスと違い公道を走るため、ナンバーを所有しております。

ターミナル1、2、3をそれぞれ連絡します。

神奈中バス【三菱ふそうエアロエース】

神奈中バスのリムジンです。神奈中と言えば三菱なので、当然と言えば当然です。残念ながら大船には神奈中のリムジンバスは走っていないため、乗ったことがありません。

南町田・相模大野方面行きの方向幕になっています。