保安設備を見る-西武多摩川線-

単線モジュールを着手するのに、我が家から単線の観察が身近な西
武多摩川線ですが、設備が色々あるので今回は保安設備の旅で見て
いきます。
新装となった武蔵境駅は高架上の終端駅で、まずは車止め部分から。
西武では一般的に本線終端部分は砂利盛りの車止めですが、ここは
高架上という地形を考慮して過走式車止めが採用されています。
基本となる規定での設計の考え方としては建物、高架橋、トンネル内
など停止位置を誤った際重大な損害を及ぼす箇所に採用されます。
車止め
▲架線には架線終端標識も設置されてます
次は信号機で、出発信号機です。進行方向側にあり、ポイントが合流
する手前に設置されます。
駅の進出側をみると、3,4番線合流用ポイントの他にJRとの連絡用
ポイントが設置されています。信号機は赤の現示が3番線出発用で、
黒いカバーを掛けられている方がJR用の出発信号機でまだ使用停
止中のようです。
その先にはさらに、安全側線とねずみ取りが設置されていて、一番
手前のポイントのみ西武管轄と思われます。
境分岐
▲合流するポイントの手前に信号機があります
4番線側はおそらく車両の授受時くらいしか使われないと思いますが、
高架化に併せて将来対応も視野に入れているのでしょうか。
使用停止中の信号機は、横に向けるか、木片で×印掲示または囲う、
黒布で覆う、等の措置が決められています。
4番線出発
▲レールもまだサビサビでした
新小金井駅方面へすすみます。次は行き違いの設備についてです。
単線の行き違い駅で、過走余裕距離がないと安全側線を設ける事に
なっていますが、鉄道省令で技術基準を採用し始めると設備が無くな
っちゃう可能性もあります。
場内信号機に警戒信号の現示を出せば、安全側線は省略できます
が、西武線の場合到達時分が延びるためか警戒信号を嫌う傾向が
あります。
その次に、出発信号機から合流のポイントまで150mの過走余裕距
離がある時にも安全側線は省略できます。
新小金井安側
▲新小金井駅は150m無さそうなので安全側線が設けられてます
安全側線には原則として乗越転轍器を使う事になってますが、出発信
号機とポイントまでの距離が20mない場合は普通転轍器を使っても
いいことになってます。雨天時などで10m位オーバーランした時乗越
転轍器を超えちゃうと大変な事になりますから・・・
多磨安側
▲多磨駅は信号直下にポイントがあり普通分岐器の安全側線です
新小金井駅の武蔵境寄りは信号機からポイントまで60m位あるので
乗越転轍器の安全側線となっています。
新小金井
こちらは吾野駅3番線の安全側線で、信号機からポイントまで30m
程あり乗越転轍器が採用されてました。
乗越分岐器
▲轍差が特殊形状です
ちなみに上から見ているだけだと気が付く事は無いですが、この轍差
の乗り越す側はこのように高さが付いていて、設計では本線側レール
より15ミリ高くする事になってます。
轍差
▲まさに乗り越していきますがフランジは痛みます・・・
次は行き違い駅の信号機を見てみます。場内信号機はホームの始ま
り部分ではなく、ポイントが分かれる手前に設置されます。
多磨駅は武蔵境側へ折返し運転が出来る構造で、1番線側にも場内
信号機が設けられています。
左上が2番線側の場内信号機で、ホームの先に安全側線があるので
写真の様に黄色の注意現示ですが、1番線側は安全側線がないので
「黄・黄」の警戒信号の現示が出るようになってます。
多磨下り場内
▲安全側線の有無で2現示と4現示の差がでます
多磨駅の是政側で左側が2番線で安全側線付き、右側が1番線側で
安全側線はありません。コチラも信号機直下にポイントがあるので普
通転轍器による安全側線となってます。
1番線側はそのまま是政方面に出発できますが、2番線には出発信
号機がなく、上の写真にある「黄・黄」の警戒信号で入ってきた列車は
是政方面には行けません。
多磨下り
▲安全側線の裏に民家が近いです(^^;
上の写真で1,2番線の真ん中にさりげなく立っている標識があります。
「列車停止標識」といいこんな十字マークの看板ですが立派な保安
設備のひとつで、トミックスの標識セットにも入ってます。
2つ上の写真で1番線側に列車が入ってきた場合の停止位置の限界
をしめすもので、コレを超えた場合はATSなどにより直ちに列車を止
める仕組みでないと、国交省の認可が下りないくらい大事なものです。
列車の停止位置の限界を示すほか、地形などにより出発信号機がそ
の場所に設置出来ない時にこの標識を立てます。
列停
▲旅客扱いのための列車の停止目標とは意味が違います
と、3駅見てきただけでも規定にガチガチ拘束され、それらが忠実に守
られているのが分かります。それぞれ理由があっての設備なので模
型でもそれなりに再現してみたいです。

南入曽

「南入曽車両基地電車まつり」へ行ってきましたが、とにかく暑かった
です。
新所沢駅から南入曽基地雪の臨時列車に乗って行きます。30000
系が2本用意されていて30分ヘッドで動いてました。
新所沢
▲臨時列車入線時点で既にこの人々・・・
乗り込むとドア上の画面には南入曽行きの表示がありました。
案内
で、会場につきましても人人人・・・写真は午後の方が順光の様です。
2連
E31
暑くてバテまして、早速帰りの臨時列車の列に並ぶ事・・・40分待ちで
ようやく乗れました(^^;
洗浄台
▲洗浄台がホーム代わりになってます
帰りの臨時列車は洗車機のシャワーを浴びながらの運転で、車内の
子供達は「キャーキャー」いいながら喜んでました。
洗浄線
乗りテツ派としては、コチラの臨時電車に乗る方に重点置いちゃいま
した。
交換
次は10月に横瀬基地の一般開放があるようです。
臨時列車は所沢駅まで来て終了。ココで乗り換え、国分寺駅経由で
今日も多摩川線に行ってきました。
多摩川線
▲軒先をかすめるような感じもいい雰囲気です
白糸台の車両基地は親子見学会の様ですが、「みんなと遊べるのは
最後かもね・・・」のコメントが意味深ですよ・・・
白糸台
その後は京王線経由で久々の世田谷線で三軒茶屋に出て、バスで
祐天寺に向かい、リトルジャパンに寄って帰宅となりました。
世田谷線
車内

予感的中

鉄コレ改造の東急デハ3800は途中から屋根のオフセットがあってな
いのでは・・・っと言う疑念が頭をよぎり、屋根を接着した後にやはり気
が付きました。
屋根
▲予感的中
長さは合ってるので屋根を填める時、裏側のガイドを削り込んでやれ
ば良かったのですが、既に時遅し・・・
足りない側は0.14ミリのプラシートを貼り付けて置きます。
プラシート
屋根の継ぎ目消しと含めてもう2週間修正を繰り返してます・・・
コレなら切妻屋根をわざわざ使う必要がなく、積層プラでもOKでした。
削り
▲オデコも含めなかなか合わないです