逗子界隈-後編-

逗子駅の着発時刻で、カマの到着から搬出まで1時間ちょっとしかなく、時間工程は結構カツカツです。
新車の中間車6両がやってきました。

 
置き換え車はサスティナ構造では無く、今までと同じような車体断面です。

 
模型で貫通塞ぎ板、買ってどこかにしまい込んでしまってます。

 
この時期、晴れちゃうと屋根の陰が車体に思いっきりかかってしまいます。3月くらいになると屋根の陰が躱せます。

 
ヒカリエ号みたいな背もたれで、端部2席にはJR九州の様なヘッドレストが装備されています。

 
長津田駅授受線有効長の関係で、八王子駅で3両ずつに切り離されて搬入されます。

 
3+3の部分は自連で直ぐバラせるようになっています。

 
一通り撮り終え、帰宅する前に逗子駅前にある魚佐次へ寄ります。

 
三浦半島の三崎や長浦港沖で取れた地魚を多く扱う魚屋さんです。1パック350円のホタルイカを購入して帰宅しました。

 
同業者が何名かいまして、晴れ男の強い方が居たから曇らなかった、と思われます。
-おわり-

逗子界隈-前編-

先週末から今週にかけて東急5000系の6扉置き換え用の甲種輸送がありました。
北鎌倉駅では既に先客が居たので、側面が写らないのを承知で鎌倉駅へ。

 
後追いで6扉と言うことが分かりますが、ブレちゃいました。

 
神武寺駅へ向かい、総合車両製作所の側線へ。貫通路の上に大きなグリルがあるのを初めて知りました。

 
数日空けて、6扉車と同じ番号の4扉車が搬出となります。搬出は逗子駅で待つことにし、新逗子駅から一旦神武寺駅の授受線へ見に行きます。 
 
4扉車が側線にいました。

 
出発準備の点検が行われているようでした。コチラは貫通路の上にグリルはありません。

 
側線への出入り口はガッチリと閉め切られています。


 
DE10が迎えに来ました。模型でこういうフィギアが乗った状態を再現してみたいです。

 
-つづく-
 

保線基地観察-新所沢駅-

保線基地モジュールを製作するにあたり、保線基地を色々覗きましたが、お気に入りの場所の一つに新所沢駅があります。
新所沢駅の基地はモーターカーやマルタイを大量に留置することは出来ませんが、側線があり配線がとても面白くお気に入りです。場内信号機のうち一番右の信号機は使用停止になっていてはいれません。

 
Osgさんによると、旧所沢飛行場が接収された後の米軍基地への物資輸送拠点だったため、側線がイッパイあるとか。

 
イッパイと言っても3本だけですが、37キロレールで良い雰囲気です。しかしながら、一番端っこはレール置き場になってしまい使用停止番線になっています。左側の出発信号機は×印がつけられています。

 
側線のうち一番本線よりは生きているようで、低柱の出発信号機があります。LEDのようです。

 
ホーム近くまで引上線が延びていて、モーターカーが止まっていました。

 
西武の標準的な砂利盛り車止めの砂利止め枠は、比較的新しい合成枕木の発生品のようです。朽ち果てそうな木枕木は、今後合成枕木の発生品に置き換わりりそうです。

 
レール置き場になってしまった線路は、古レールの置き場でした。

 
入換信号機も使用停止になっています。場内信号機も使用停止でしたが、列停はそのまま残っていました。

 
起点側の端部へ行くと2線あり、うち片方にはマルタイが居ました。ココはピット構造になっていて資材置き場では無く、保線機械の点検場のような感じです。

 
もう1線は新品レール置き場になっていました。

 
この車止めの先に続く曲線が、米軍基地へ入っていた線路敷き跡です。
 
資材置き場に何を置いたら良いか迷ってます。