ワンダーランドの滑走路

ミニチュアワンダーランドにあるクヌッフィンゲン空港の滑走路は、ラインライトも忠実に再現されています。

 
誘導路灯は飛行機がやってくると一層明るく点きます。接地帯灯等も正確に再現されていました。
 
飛行機が停止すると閉そく信号機の如く、停止線灯も点灯します。
 
我が家では滑走路作ってもココまでは無理です。
凄さを動画でご覧ください。

保線基地モジュール-その22-

保線基地に必要なモノの一つに油倉庫があります。モーターカーの非常用燃料であったり、発電機の燃料、作動油やグリス類、塗装用ラッカーなどを格納する場所です。この基地にもないと困るのでコレを作ります。

 
GMの乗務員詰所で余った部材で側を作ります。屋根はGM対向式ホームの部材を使いスレート葺き屋根の表現です。

2016初冬ベルギー・ドイツへ-その28・終-

帰宅日となりました。いつも乗車するICE575号シュトゥットガルト中央駅行きで今回も空港を目指します。ッと言っても一番最初ドイツに来たとき、写真に夢中になりすぎてこの列車に乗り遅れたトラウマがあります。1本前の列車が居るウチからホームを移動しないことにします。この列車はブレーメン中央駅行きのメトロノームです。

 
隣のホームにやってきたIC。このオロ11みたいな感じのファーストクラス好きです。

 
乗車し検札終了後食堂車へ向かいます。そこそこ混んでいます。

 
奥側の座席も結構混んでいます。コチラは軽食コーナーッと言った感じです。

 
2人掛けのテーブル席が空いていたのでココに座ります。

 
去年も食べたこのスクランブルエッグとソーセージにします。先に来たビールは待ちきれず飲み始めました。

 
座席へ戻るとスタッフがお菓子を配りながらオーダーを取りに来たので、コーヒーと今回の旅行で覚えたアイスを注文します。ファーストクラスなので座席まで運んできてくれます。

 
 
旅の疲れも出てきたせいか、眠ってしまいました。で、定刻、フランクフルト空港駅に到着です。

 
飛行機の搭乗開始までまだ3時間近くあります。DBのラウンジへ向かい、列車を降りたけどラウンジが利用できるか聞いたところ、利用可能との事でしばらくこのラウンジで過ごします。

 
結構混んでいます。DBのラウンジはどこの駅も同じような作りです。

 
トイレはテンキー方式で、受付で番号を教えてもらい中へ。

 
チェックインはいつも16時からなので、15時半ころチェックインカウンターへ向かいました。託送手荷物は23kgまで無料ですが100gオーバーしてしまいました。でも「OK」っとサービスしてもらえました。
 
出国手続きを終え、カードラウンジで時間を潰します。

 
無料ですがあんまり食べ過ぎると機内食が食べられなくなるのでそこそこにしておきます。

 
ちょっとだけつまんでおきます。

 
のんびりしていたら結構ギリになってしまい、搭乗が始まっていました。なので、いきなり機内食です。

 
2食目はこんな感じでなんだか毎回代わり映えしなくなってきた感じです。

 
ちょっと早めに成田に到着しました。

 
入国手続きも直ぐに終わり、10分程の待ち時間でNEXに乗れました。

 
無事大船駅に到着。

 
今回はなんと言っても、トイレにお金をかけずに済んだことが一番の収穫でした。一番最初ドイツへ行ったときは1500円もトイレにお金を使いましたが、4回目にしてコツがつかめた感じです。
旅行は楽しめましたが、こう言う光景が日常にあることも事実と感じた旅行でした。

 
長々とご笑覧ありがとうございました。
-おわり-