新川崎駅界隈散策

横須賀線にある新川崎駅ですが、ちょっと国鉄昭和チックなので降りてみました。駅横には新鶴見機関区が併設されていますが、新川崎駅自体はポイントで線路は繋がっておらず停留場の扱いになっています。

駅は昭和55年の東海道・横須賀線分離時に開業した駅で、駅舎は当時のまま建て替えられていません。昭和国鉄テイストが残っています。

駅舎にドアがつけられていて、地方の特急停車駅を彷彿させます。崎陽軒の駅弁屋さんがあります。

駅事務所は建物自体に屋根があり、駅舎の屋根は更にその上を覆う構造です。みどりの窓口も併設されています。

新川崎の駅の横にはふそうの工場が沢山あるので、彷徨いているとこういうのも見ることが出来ます。

キャブだけのトラックなんかも走っていますが、キャリアカーに載せられたのもいます。

昔はタバコを売っていたのですかね(^^)

カテゴリー

2 Replies to “新川崎駅界隈散策”

  1. お晩でございます

    個人的にはお天道様の高い時間よりも深夜に新川崎駅近所まで行く仕事が多い場所です

    帰りには
    新鶴見機関区を覗いてから帰ります

    たまに
    金太の1次車や試作車を見ると何か得した気分になります

    1. >南栗橋車両管理区荒川支所さん
      ロングの方ですか。その日はもう店じまいでしょうか。
      確かに試作とか居ると得した気分になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です