2019夏・バンコクへ4-MBK電気街へ-

ウォンウェンヤイ駅の車止め、前回は塗装剥げてましたが、再塗装されたようで綺麗でした。

時間的に余裕があるので、ウォンウェンヤイの由来の所へ行ってみます。「ウォンウェン」は回り道という意味の様で、「ヤイ」は大きいと言う意味です。で、大きな回り道という意味でしょうか。近くの歩道橋に上がり駅方向を見ます。右の黄色いビルの下がメークロン線の駅の入口です。

後ろを向くとこんな感じです。モニュメントを囲むように道路がロータリー状に形成されています。大きな回り道の由来はコレだと思います。

タイ王国を建国したタークシン王の銅像が飾られ、タイの人はお祈りのためにココに訪れているようです。ココが建国の中心地だったのかは歴史を勉強しないとダメですね。

間もなく11時です。午前3時に機内食を食べたきりなので、昼飯を食いにBTSで日本人街へ移動します。毎回ココで列車がスライドするのでダイヤ通りなんでしょうね。

ちなみに、コチラは今年2月の写真です。新幹線もビックリな定刻運転ですね(ホントか?)。でも、たまたまにしてはタイミングが凄すぎます。しかし、自分でもシャッター押す場所が同じなのは撮り位置のクセなんでしょうね。

日本人街があるサラデーン駅で下車します。右のビルは全てキャバクラで看板は全て日本語です。

っというわけで、いつものタニヤという場所にある「はなび屋」に入ります。

メークロン線で爆睡もして体力復活してきたので、まずは、ランチビールを頂きます。

とんかつ定食を注文。175バーツ(約612円)なので、繁華街という立地を考慮すると日本で食べるのより安いです。

食事を済ませて、模型屋さんを覗いてみます。が、月曜日は定休日でした。ショボーン・・・

BTSに乗り終点のナショナルスタジアム駅に併設されたデパート内の電気街へ向かいます。駅に上がると金ピカセブンイレブンの看板が外されていました。足場があるから取り壊しなのでしょうか?

コチラは3年前の写真です。上の写真と比べるとカーテンなども外されているので取り壊すモノと思われます。

やってきた列車で終点を目指します。

終点ナショナルスタジアム駅で下車します。東急百貨店がある駅ですが、奥にMBKと言うショッピングモールが併設されています。そこの4階がプチ電気街になっているので寄ってみることにします。

東急百貨店を抜けてMBKの4階へ向かいます。エスカレーターの場所・構造がかわかりにくく彷徨いてしまいました。

▲奥に見えるエスカレータを上がってきたら,この写真を撮った場所のエスカレータまで移動しないと上の階に行けません.

4階に到着です。電気街と言うよりはスマホ系に特化したフロアです。

新品スマホは勿論、中古スマホもあり価格は日本よりも安いほか、SIMロックが外せない機種も可能な限りSIMを解除してくれるそうです。また画面割れなんかもその場で直ぐに修理してくれて、お店は100軒以上あると思います。

ケーブルも色々な種類があります。店オリジナルケーブルも沢山売られています。iPhoneケーブルもニセモノがあったりします。音声変換ケーブルもニセモノは格安です。ちなみに、殆どのお店は撮影禁止ですが、買ったら撮らせてくれました(爆)

アップル風の充電器もありますがリンゴマークが欠けていないためニセモノというわけでは無いようです。でも、コレ買って日本へ持ち帰ると捕まっちゃうのかな?ちなみにアップル風充電器は150バーツ(約500円)で純正だったら4倍はすると思います。ヘッポコ工場長は本物の充電ケーブルを買いました。

このあとはバスに乗り、再びバンモー電気街へ向かいます。

-つづく-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です