2019夏・バンコクへ8-バンモー電気街へ-

モーチット駅から再びBTSに乗り、部品電気街のあるバンモーへ向かいます。途中、前から気になっていたビクトリーモニュメント駅(戦勝記念塔駅)で下車します。記念塔を囲むようにロータリーが形成されていて、BTSもその周りを迂回して線路が敷かれています。急曲線のため列車は20キロほどの速度に落として走行します。

地図で見るとこんな感じです。

よくわかりませんが、第二次世界大戦の時に領土の獲得を記念したモノらしいです。勉強不足ですね。

銅像が何体かありますが、それぞれ意味があると思いますが私は存じておりません。

ちなみに、先日のメークロン線起点のウォンウェンヤイ(大きな回り道)もこんな感じです。現地の発音聞いていてもウォンウィエンヤイって言い方では無いなぁ。

ロータリー付近には警察車両が結構います。角毎に白バイ?の警察官がいます。見学を終えて、再びBTSに乗ります。

再びナショナルスタジアム駅のバスターミナルからバスに乗り電気街を目指します。広告がスゴイです。

広告拡大して見ると、スーパーカブの広告です。タイでは人気有るんでしょうかね?「日本オリジナルジャパニーズレトロ」ってカタカナ表記もあります。モデルさん、なんとかレンジャー風な衣装も決まっています。バックルはカブのCですかね。

MBKデパート側からいつもの47系統に乗り込みます。

運ちゃん何か踊っているように見えたので目を凝らすと、デカイシフトノブ使っていました。水中花のシフトノブとかまだ売っているんですかね?この運ちゃんにプレゼントしたいです(爆)

しかし、スゴイ!自分でカスタマイズできるんですかね。

今回もバスから市内観光をします。

色々な建物、次回は降りて観光してみたいと思います。

でも、ナンダかは全く分かりません

終点に到着です。

橋を渡った先がバンモー電子街です。

買い物に夢中になりすぎて写真はコレしか撮っていません。

ッと言うわけで3時間ほど過ごして帰ることにします。バスが丁度出発するところだったので写真はコレだけ。兵隊さんが自分で串焼き焼いていました。

で、バスになれてきたのでホテルまでバスで帰ることにします。ホテル近くを通る48系統のバスに途中で乗り換えます。皆さん14バーツ渡していたのでヘッポコ工場長も14バーツ渡ししたらどこまで行くか聞かれました。コチラのバスは区間制の様です。

コチラのバスは冷房車で快適でした。しかし、夕方の渋滞に巻き込まれ始め、BTSで10分弱で行くところを30分もかかってしまいました。

ッと言うわけで、前回も行った屋台で晩メシにします。

今回もガパオライスです。ちょっと食べ飽きてきたかも・・・
その後ホテルへ戻り体を休めました。

-つづく-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です