2019夏・バンコクへ10・最終回-帰国-

空港に到着です。まずはビールのお土産を買うためいつものセブンイレブンへ。

一番最初にバンコクへ来たとき、出国審査を抜けて免税店街でタイビールを買うつもりでしたが、免税店街へ入るとタイビールを売っていない事がわかり閉口ました。ドイツではお土産用のグラスが付いてビットブルガーとか売っていてそのつもりでしたが、聞いても扱っておらず免税品の高いウイスキーとかしかありませんでした。このセブンイレブンなら瓶も缶もタイビール扱っているのでココで購入しています。

▲写真一番下の段、左から4本がシンビール(日本ではシンハビール)1本50バーツ、緑色のがチャンビール1本48バーツ、空いて居るところはヘッポコ工場長が購入したレオビール1本48バーツ.赤いのと銀色のもレオビールですが81バーツの特別版.右2本はハイネケン1本50バーツですがコレはオランダビール.

出発ロビーに上がり、前から気になっていたパッキング屋さんを見学してみます。左に秤があって10バーツ(約35円)でスーツケースの目方を量ってくれます。しかし、コレはチェックインカウンターならタダで計らせてくれるから、旅行不慣れな観光客が引っかかっちゃうんでしょうね。でも、小額だからいいかな?
で、右のラップでグルグル巻いてくれるのは150バーツだそうです。コレは買い物して不安定な段ボールに入れたモノとかだととても役に立ちそうです。バンコク以外の空港では見た事がありません。

チェックインのためエコノミークラスのカウンターに並びます。昨年まであったステータスが恨めしいです。そこそこ混んでいて15分位待たされました。座っている人はJALパックだかJTBのツアー専用待合席だそうです。

昨年、手荷物検査場でスマホを忘れるという大失態は肝に銘じて、全神経を集中して雑念を取り払い一切考え事はせず出国手続きを終えました。
差別とかではありませんが、なるべく中東系と中国人のいない列に並ぶようにしています。中東系の方は舐めるようにパスポートチェックされますし、中国の方は旅慣れていない方が多く、書類不備などもよくあり、すると、他の人呼んできて、あーだこーだ始まるので時間がかかる傾向があります。ヘッポコ工場長が選んだ列は案の定他のレーンより結構すんなり列が進みます。出国手続きは10分ほどでクリアし、無事に免税店エリアに到着。

お土産を買い搭乗開始まで2時間近くあるためカードラウンジで時間を潰します。
今まで詳しく書いていませんでしたが、ラウンジとは待合所の事で、ゴチャゴチャした空港内の空間から独立した設備になり、何と言っても食事や飲み物がタダと言うことです。 要はタダの喫茶店のようなものです。空港によってはシャワーやスパもあり今回の様にチェックアウトから搭乗まで時間が空くときは、汗を流してサッパリすることが出来ます。

ラウンジには大まかに2種類あり、エアラインラウンジとカードラウンジです。エアラインラウンジは航空会社が運営するモノで、飛行機を年間に何十回も乗った人とか、プレミアムエコノミークラス以上の人が利用できます。
カードラウンジは、更に2種類ありクレジット会社と提携しているモノでゴールドカード保持者が入れるラウンジと、更にそれに付帯する特典やプラチナカード以上で入れるVIPラウンジです。エアラインラウンジよりは若干設備が劣りますが、海外については今まで見た中ではVIPラウンジの方がエアラインラウンジより人が少なく(日本人も少なく)落ち着いている雰囲気があります。ただし、日本の国内線ゴールドカード保持者によるカードラウンジは激混みです。

今回利用するのは、ミラクルラウンジという初めてのVIP系のカードラウンジです。
ヘッポコ工場長の持っているカードで利用できるのはLounge key(ラウンジキー)というタイプのもので、クレジットカードのステータス(プラチナカード以上)によってVIPラウンジが利用できます。有名な所ではプライオリティパスというラウンジ専門のカードがあり、Lounge keyもその会社が運営しているラウンジのため、プライオリティパスのラウンジがあればたいていヘッポコ工場長のLounge keyも利用できます。
また、海外のVIPラウンジの中にはエアラインのアッパークラスラウンジと供用のところがあり、そういうラウンジに当たったときはまさに大当たりです。LCC利用時でもラウンジが利用出来るので心強いです。

話しを戻しまして、受付でクレジットカードを提出しLounge keyによる利用であることを伝え、伝票(勿論無料)に電子サインをして中に入ります。
そこそこと言うよりこの様な客席が4箇所あるので結構空いていました。やはり、エアラインラウンジよりはカードラウンジの方が落ち着いてる雰囲気があります。

早速食事を取りに行きます。全部タダです。

って、別にそんなに腹ぺこでは無いのでおやつ程度に。専属のコックさんにリクエストするとタイライスの食事も出てくるようですが、よくわからないのでパス!

基本ベジタリアンなのでコチラが希望。

焼き菓子だかパンだかもあります。

で、コレ。バイキング形式なのでホント盛りつけとかセンス無いです。

果物取りに行くついでに、暑いのでアイスのデザートも。ミロのアイスなんて有るんですね。気になったのでミロのアイスを頂きます。

スイカとパインとミロアイス。

ま、味はミロでした・・・
ココのカードラウンジにはシャワーもあるので次回行く機会があればザッと汗を流したいです。

ッと言うことで登場時刻の20分前になったのでゲートに向かいます。21:55発JAL34便での帰宅となります。

一番後ろの席を予約しました。行きと違い帰路は満席です。

テイクオフして1時間ほどで夜食が出てきました。鶏肉ご飯で付け合わせに冷たいうどんです。テイクオフは22時頃ですが、時差2時間を考慮すると日本時間午前0時出発で現在は午前1時過ぎです。

食べ終えたら、帰路は5時間半なので寝ることにします。アイマスクがどこかに行ってしまったので、CAさんにリクエストしてアイマスクもらいます。JALではプレミアムエコノミー以上はデフォルトで付いていますが、個数に余裕があるときはCAさんにリクエストするとエコノミーでも、アイマスクと耳栓をもらうことが出来ます。あんまり個数無いようですけど、もらえるならわざわざ買う必要も無く、一度もらえば繰り返し使えますし。で、アイマスクで熟睡します。
定刻より10分程早く5時55分に羽田に到着しました。羽田はなんか梅雨寒で7月なのにとっても寒く感じました。

手荷物もさほど待たずに出てきましたが、税関がエラク混んでいました。大船駅まで行くリムジンバスは1時間以上ないので、京急で帰ることにします。切符売り場は外人さんでごった返しています。

1本逃して、横浜方面直通の列車に乗ります。

京急は国内線ターミナル駅が始発のため、日中だと国際線ターミナル駅から座るのは厳しいときもありますが、まだ国内線が着陸していない時間帯のため、車内はガラガラでした。

一番前に乗ると、横浜駅に到着時は一番後ろになります。京急蒲田駅が見えてきました。あぁ、帰って来てしまいました。

今回は色々なバスにも乗り、漸く公共交通機関だけでバンコクを縦横無尽に移動できるようになってきました。次は、SRTタイ国鉄本線の車両に乗ってどこかに行ってみたいです。

早めの夏休みが終わりました。 ご笑覧ありがとうございました。

-おわり-

2 Replies to “2019夏・バンコクへ10・最終回-帰国-”

  1. バンコクへの視察旅行、お疲れ様でした。
    相変わらず写真も多く、ブログを見ているだけで、
    こちらも旅行している気にさせてくれます。

    今回の記事の中で、マクドナルドがご飯を提供している事を
    初めて知りました。盛り付け方は海外らしく?豪快でしたが・・。

    後は、電気街へ向かうバス。みんな、お目当てのバスを逃さないように必死ですが、日本のように、バス停にお客さまがいても、アクションしないと、停車してくれないのですか?

    空港でのラウンジの使い方、飛行機でのCAさんへのリクエストなど、旅慣れている感じが伝わってきます。

    また、次回の旅行ブログ、今から楽しみにしています。

    1. >建売住宅51さま
      感想ありがとうございます。見ていて旅行できる気分という感想が一番嬉しいです。
      マックは世界中色々なメニューがあるようで、行った先でのメニューは気になります。ただ、食に疎いためそれが何であるか理解するまで4年もかかりました(-_=;

      バンコクのバスはおっかないですよ。運転も含めて。
      自分で全て責任持って動かないとダメです(爆)

      ラウンジとか機内で当たり前の行動も記事にすると面白いかなッと思って書いてみました。
      海外行く時、JALやラウンジ挑戦してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です