観光地街道モジュール―その3-

走るバスコレの試走を行うため、無垢の動力を用意してイザ!

針金の厚みが動力車体が抱え込んでしまって自走できず、失敗に終わりました。道路の表層舗装部分を作ってから再度挑戦になりました。

観光地街道モジュール―その2-

バスコレを走らせるためにファーラー社カーシステムのメタルワイヤーを入れます。

ゴム系接着剤のGクリアで接着します。

曲線部分は車両軌跡が重ならないように敷設します。接着剤が乾いたら走るバスコレを試走させます。ちゃんと走るかなぁ。

観光地街道モジュール

このブログをご覧の方も水災を受けた方がいる様で心よりお見舞いを申し上げます。一刻も早く平常生活に戻れることをお祈りいたします。
ブログの更新がなかったのでヘッポコ工場長も水災に遭ったのではっと、心配のメールをいただきましたがヘッポコ工場長は大丈夫です。仕事が立て込んでいて忙しいだけでした。台風15号の時は13時間ほど停電に遭いましたが、今回はたまたま被害がなかっただけと思っています。

気を取り直して・・・先日ネコと一緒に近くのホームセンターへ、モジュール材料のスタイロフォームと冬用のネコベッドを買いに行ってきました。ネコベッドは広告が入ったらすぐに行かないとLサイズが売り切れてしまいます。

ネコなのに出かけるのが大好きなんです.

寒くなってきたので出して組み立てたらすぐに入ってくれました。

気に入ってくれたようですぐに寝てました。

本題の観光地街道モジュールです。何となくイメージが固まってきました。ちなみに、線路はありません。

クルマの撮影用のモジュールですが、せっかくなのでバスコレが走らせられるように鉄心を道路に埋め込みます。