いまから2022JGC修行(7便目・その1)

2022JGC修行

JGC修行という、ひたすら飛行機に乗ってステータスを稼ぐという趣味があります。コロナ禍において航空業界は大打撃を受けた中、こう言う層を狙っているのか、ステータスバロメーターとなるフライオンポイント(FOP)が今年いっぱい2倍になるというキャンペーンをJALが打ち出していてコレに乗る形で修行僧が今年はかなり増えています。6月から始まっているので、もう達成し解脱した方は沢山いらっしゃいますが、ヘッポコ工場長は10月下旬から始めて見ました。どこまでFOPが増えるかご笑覧ください。

7便目・札幌

今回は沖縄往復では無く、羽田~新千歳~福岡~羽田をまわるいわゆる三角飛びというフライトになります。行った先々で余裕を持たせたいので、早朝便で北海道へ向かいます。5時前の大船駅に到着です。人影が疎らです。

5時台の上りは東海道線より横須賀線の方が本数が多いです。

横須賀線久里浜駅を4時31分に出発してくる上り始発です。コチラに乗車します。ちなみに大船駅から一番早く出発する上り列車は、4時43分発の根岸線になります。

橫浜駅で京急線に乗換羽田空港を目指します。この時間帯羽田空港行きが結構来るので助かります。

しかし、やってきたのは2つドアの2100系です。

駅員さんが「2ドアに並んでください」っと何度も放送していますが、イヤホンして聞いていなかったり、そもそも乗り慣れていないのか、列車が到着して右往左往している乗客がどの車両でも見受けられました。

車内へ入るとドア付近だけ混雑する東海道線153系の通勤列車並みの状況です。

京急川崎駅でそこそこ下車するため、座りたければ奥へ行った方が良いです。案の定京急川崎駅から座ることが出来ました。

多摩川を渡るとき朝焼けが見えました。今日は雲も殆ど無く快適なフライトになりそうです。

5時57分定刻に羽田空港第1・第2ターミナル駅に到着。ものすごい人が降りてきて列が切れるのを待つのもアレなんで出発ロビーへ急ぎます。6時のロビーはまだ空いていました。

保安検査を早々に済ませて、搭乗口を確認します。16番は北ウイングのほぼど真ん中なので移動が楽チンです。1時間半ほどあるのでカードラウンジへ向かいます。

飛行機はすでに16スポットに据え付けられています。

今回もカードラウンジで時間をつぶすことにします。

早朝のためまだガラ空きです。

窓際も余裕で座れます。

ドリップされたホットコーヒーが置かれるようになりました。

コチラのホットコーヒーを頂きます。

このラウンジ、午後はブラインド下ろされていまいますが午前中は順光になり景色も良いです。富士山も見えて今日は良いフライトになりそうです。

カードラウンジを出て搭乗口へ向かいます。

ヘッポコ工場長はグループ5での搭乗になるので一番最後になります。

早朝便は空いてます。

乗り込みます。

-つづく-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です