大晦日

今年は例年以上に色々な場所に行きました。その分模型製作は出来高が上がりませんでした。
今年一番の見聞きした収穫は、夏に訪れたココ田浦の油槽所でした。

 
セパレータまであってビックリでした。

 
こんなブログですがホビダスブログランキングでは3~1位を行ったり来たりと、1日当たり8万アクセスという、自分への備忘録なのにヘッポコ工場長自身が驚いてます。来年は模型製作に反映させたいです。
本年も拙いブログへのお付き合いありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

2016初冬ベルギー・ドイツへ-その2-

オランダ・アムステルダム中央駅行きのICEインターナショナル122号で、ケルン中央駅まで乗車します。車両はオランダ鉄道のICEです。駅構内で彷徨いていたら、発車2分前になってしまったので、サッサと乗り込みます。
 
ファーストクラスをネットで予約しておきました。

 
1人がけの座席で良かったです。フランクフルト中央駅からケルン中央駅まで乗車します。直ぐに食堂車へ。

 
ッと言っても、ICE3Mという国際列車仕様の車両なので、座席定員を稼ぐため食堂車は合造ビュッフェ車に改造されてしまいました。
 
とりあえず、ビールと前に頼んだ良く分からないヤツを注文。
 
ドイツ入りを、いつものビットブルガーと共に1人で乾杯します。

 
すっかり日没です。
 
デッキは結構薄暗くなかなかピントが合わず、ボケちゃいました。揺れが殆ど無いので、夜で外が見えず、こんなに速度出してるとは思えません。
 
1時間半弱の乗車でケルン中央駅に到着です。

 
オランダ鉄道のマークです。
 
列車はこのままオランダへ向かいますが、ヘッポコ工場長はベルギーを目指すため、ココでフランス行きの国際列車に乗り換えます。

 
青いイルミネーションが見えます。前に来たときは無かったようで、近くの陽気な酔っぱらいに聞きいてみましたが、ヘッポコな発音が全く通じませんし、何言ってるか全く分かりませんでした(爆笑)
しかし、近くでクリスマスマーケットやっているというのは分かりました。

 
日曜日と言うこともあり駅コンコースも大混雑です。乗換は1時間少々あるので、時刻表で乗換ホームを確認して外へ出てみることにします。

 
駅前はなんか物々しいです。

 
警察官も多数居ます。

 
ロゴは「ポリッツァイ」と書かれていてドイツ語で警察を意味します。おまわりさんにテキトーに聞いたらどうやら移動交番車の様です。ついでにクリスマスマーケットの場所も聞いたので行ってみます。

 
ケルン大聖堂の裏手で行われているそうです。
 
-つづく-

2016初冬ベルギー・ドイツへ-その1-

アメリカから帰って直ぐになってしまいますが、マイル消化のためドイツ行きを決行しました。
久々の日曜日出発です。やはりホームはガラガラでのんびりしています。

 
総武線がちょっとゴタゴタしていたようで、3分程の遅れで成田空港に到着。

 
日曜日の空港は混んでいます。

 
改札外のJR切符売り場はカウンターが増設されていて、外国人に少しだけ優しくなっていました。

 
混雑しているので、サッサとチェックインし出国手続きをすませ中に入ります。また「AKIHABARA」を見て旅立ちを実感します。

 
2時間弱、時間があるので、こんなのとかも観察しておきます。

 
今回はコレ787です。
 
JALのフランクフルト行きJL407便は、通常冬時間で12時15分発なのですが、「特別な事情で出発時刻が変更になりました」っとJALから事前にメールが来ました。ドイツ到着も普段より早くなり15時の到着なので、入国してからの当日の移動範囲が広がります。

 
ッと言うわけで、今までは無理っぽかったベルギー入りを決行します。

 
ほぼ満席でテイクオフ。1食目はカツ丼をチョイス。

 
中間食はシチューパンにリンゴジュース。

 
2食目はエアーくまモンなるものが登場。

 
早い話が中華丼です。

 
8ヶ月ぶりのドイツ。なんか帰省した感じです。

 
ターミナル1は工事が行われていて、若干食べ物屋さんが変わったりしていました。

 
15時半ですが、ドイツはもう日没寸前です。
 
フランクフルト中央駅へ向かい、16時29分発の国際列車オランダ・アムステルダム中央駅行きICEに乗車します。

 
-つづく-