2019夏・バンコクへ7-パープルラインを乗りに行く-

駅下の道路を見下ろすとラッシュ時間帯のためバスが大行列をなして到着しています。本当はロータリーのようなバスターミナル作った方が良いのでしょうね。

ココからMRTに乗り換えてパープルラインの乗車に向かいます。現在はパープルラインとブルーライン間は乗車券が通しで買えるため便利になりました。ブルーラインとパープルラインの乗換駅タオプーン駅に到着です。どちらの線も現在ココが起終点となっていますが、ブルーラインは延長工事が佳境を迎えていて、この先15キロほど延伸工事が行われていて、BTSのバンワ駅の先まで延伸します。

車止めを拡大するとドイツのRAWIE製の車止めでした。タイの鉄道も車止めに停止信号が現示されています。

MRTは撮影禁止のため、車窓風景だけ載せておきます。あちこちで建設が続いています。

ノンタブリシビックセンターという駅で下車します。ノンタブリー県の市民会館駅という意味です。多分。ノンタブリー県というバンコクの一つ隣の県で、この辺に役所もあるためココが中心地のようです。

交通量も結構多いです。コチラがバンコク方向になります。

近くのビルに上がってパープルラインの写真を撮ります。パープルラインはホームからは殆ど写真撮れませんし、そもそもホームは撮影禁止なので警備員に怒られてしまいます。

竣工当時はご祝儀的に撮らせてもらえましたが、昨年行った時は笛吹かれて怒られました。車両はJ-TREC製、線路は東急建設製です。

タイチックな独特の建物が見えます。

コチラは起点方でバンコクの方向になります。これからも発展が続きます。

近くで建物の工事も行われています。ファーラーから発売されているセメントサイロとほぼ一緒です。

時刻は11時40分です。お腹が減ってきたのでまたマックへ行きます。やっとチャレンジするときがきました。マックのナムトックライスで、お肉を鶏、豚、牛から選ぶように言われて鶏をチョイス。セットでコーラも注文です。69バーツ(約240円)です。

コレにマックフルーリーも追加して待ちます。パイナップルパイと迷いましたが、暑いのでアイスにします。真ん中のマックフロートなんかも人気があるようですが、ずばりアイスが食べたいのでフルーリーにします。

チーン。まぁ、写真とは違いますね。ドバイでマックアラビアチキンを注文して写真との相違に閉口した感じと似ています。
が、タイの皆さんが食べていたコレ、なんだか分かって安心しました。

油淋鶏を甘くして、エキゾチックアジアンテイストな風味とでもいうのでしょうか?でも、美味しかったです。一番美味しかったのはマックフルーリーかな。

-つづく-

2 Replies to “2019夏・バンコクへ7-パープルラインを乗りに行く-”

    1. >南栗橋車両管理区荒川支所さん
      国鉄やBTSは撮影しても全然怒られないのですが、MRTだけはダメなんです。仰るとおり軍事的なモノでだと思います。
      アメリカも結構おこられますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です