北飯能信号場

西武池袋線の東飯能駅を出発して武蔵丘検修場へ向かう途中にある信号場で、単線区間の行き違いというより、出入庫線の延長といった意味合いの信号場です。ここから、武蔵丘の車庫まで複線のような状態が続いています。
西武線は単線区間が各線にあり、その合流箇所は模型でも参考にしたいものがあります。

単線区間となる部分には安全側線が設けられています。

砂利盛りの先に車止め標識がありました。

車止め標識は丸パイプをコンクリート板の砂利止めに金具で固定されています。

電気転てつ機には221ロとなっているのでここの信号場は201から信号機の機番が始まり、転てつ機は221のイロを与えられていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です