クモル145-その2-

クモルの動力はN版パワートラックとでも言うTM-24です。市場からは消えてしまった様ですが、オープンパッケージのクモル発売に合わせて再販されるみたいです。

よく出来ています。

運転台仕切りがありそのままでは動力が入らず、仕切り板を外します。

動力ユニットを組込み、車輪を換装してパンタを載せました。連結面側のカプラーはボディーマウントでは無いTNカプラーを取付ます。

前頭側はボディーマウントのTNカプラーにしますが、当工場内の在庫が無くなったため、購入後取付になります。そのため出場待ちになり、右の二人はあと1週間程このポーズのまま待つことになります。

明日まで春の全国交通安全運動です。ヘッポコ工場長の家の近くでもいつも居ないところにお巡りさんがこっそり立っていたりします。

明日も安全運転で行きましょう。くれぐれもサイン会場へ行くことの無い様に・・・


スポンサーリンク

“クモル145-その2-” への2件の返信

  1. こんにちは。
    電柱の影に隠れ道路を見つめる人。
    歩道橋の上やマンションの階段から道行く車の車内に目を光らせる人。
    パイプ椅子に座った怪しいおじさんとその先のサイン会場は知らない土地ではどこに居るやらわかりませんね。

    1. >マーボー堂師匠
      走り慣れた道路でも完璧はありませんが、知らない土地ならなおさらですよね。
      今度模型でパイプ椅子に座ったおじさんを再現させてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です