東急6000系Q SEAT甲種輸送

八王子駅に停車中の東急6000系Q SEAT

東急大井町線で運用されている着席サービスQ SEATの6000系バージョンが横浜のJ-TRECから出場し、甲種輸送が実施されたため見に行ってきました。霧雨のなか八王子駅の中線に居ました。

デハ6301

形式はパンタが乗っているのと6300の表記があったためデハ6300と思われます。今回の2両はデハ6301と6302のようです。

貫通

貫通塞ぎ板を毎度の事ながら観察します。

貫通

写真だとわかりにくいですが、車体には貫通引き戸が有る感じです。

中間

デハ6301と6302の間は棒連で連結されて幌もセットされていました。

反対側

山側側面になります。

東急6000系Q SEAT長津田到着

ポイント定位

先回り?して長津田駅で甲種輸送編成を待ちます。ポイントはまだまっすぐのままです。

ポイント反位

上りの横浜線が通過し、12時26分頃ポイントが授受線側に切り替わりました。

甲種到着

やってきました。今回は機関車入れて3両なので短いです。

授受線到着

授受線にやってきました。オレンジ色の車体に赤い屋根・・・銀座線みたいな感じです。

長津田到着

停止位置目標は奥の方で東神奈川寄りにあるため目一杯奥まで行ってしまいます。

停止位置目標

「貨」が甲種輸送編成の停止位置目標です。

入換打ち合わせ

所定停止位置だと真横に電柱が来てしまいます。係員さんが入換の打ち合わせで乗り込みます。

入標開通

到着して直ぐに東急側の授受線へ入換標識が開通しました。

押し込み

10分程して、推進運転で東急側の授受線へ押し込まれます。

押し込み完了

信号機では無いため入換標識の現示はそのままです。
ッと言うわけで今回は所用があったためココまでで退散しました。
今後の運用方が楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です