ニャジラ虹の橋を渡る

8月6日10時30分、ニャジラ君こと「レオ」は虹の橋を渡りました。

今年に入り、低貧血症となり常に赤血球の量が死んでしまうと言われる15%を更に下回る状況でした。ニャジラ君は10回目の輸血までは経過をお知らせしましたが、その後も体調は悪くなる一方で病院のICUでも寝たきりでした。

▲8月1日撮影.

亡くなる2日前に行ったこの時はすでにゴハンが食べられず、水も数滴しか飲み込めない状況でした。体は辛いと思うのですが、面会に行くと顔を起こして撫でさせてくれました。

▲8月4日撮影.

ブログを書いたりするときパソコンに座るといつも足下に寝ていたか、膝に乗っていたのですが、このブログを書いている今はニャジラ君は、棺の中に入って居いてとても寂しいです。

その後、無事に火葬を終えました。

骨を拾い終えると先輩ネコが覗いてみていました。


昨年からはエイズか白血病が発症し始め、写真を見返すと病院の写真が多くなっていたのに気がつきました。推定4歳2ヶ月の短い猫生でした。

ニャジラ君のいたずら日記はおわります。

ありがとうございました。

“ニャジラ虹の橋を渡る” への2件の返信

  1. 先日はご連絡ありがとうございました。
    ニャジラさんいたずら日記に癒されましたがもう見られないのは残念です。
    毛もボサボサになってもしっかりとモデラーさんを見つめる目に泣きそうになってしまします。
    ニャジラさん闘病お疲れ様でした。可愛い姿をありがとうございました。

    1. >マーボー堂師匠
      ありがとうございます。
      今はカラダが楽になって雲の上で、お友達と遊び回っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です