再び名古屋へ【その3】

名古屋駅へ

再び名鉄に乗り、国府駅で乗り換えて豊橋駅を目指します。

豊橋駅から新快速大垣行きに乗車します。ガラガラなので日の当たらない方を選びます。この車両はボックスシートになっていました。

若干寝入ってしまい、1時間強で名古屋駅に到着し一旦ホテルへ戻ります。

レイルビューしていたら赤ホキが通過していきました。ホント見ていて飽きないです。

岐阜羽島駅へ

再び行動開始ですが、ヘッポコ工場長がまだ降りたことの無い新幹線駅、岐阜羽島駅へ向かいます。

新幹線は一駅だけ自由席で利用する場合は、特急料金部分の運賃計算方法が安く設定されているため、特定特急券という券で発券されます。

丁度こだま号がいたのでコレに乗ります。

自由席はガラガラです。

乗車して10分ほどで岐阜羽島駅に到着です。ホームドアが無いので広く感じます。

新幹線はお鼻が長すぎてホーム有効長はギリギリです。

ホームは2面4線の内側に更に主本線がある駅で、緊急時には上下3編成収容できます。

東京方にある保線基地などを観察します。

降車客は5~6人ほどでした。本当に新幹線の駅が必要だったかは今となってはアレです。

岐阜羽島駅と平行して、名鉄の新羽島駅があります。そして、岐阜駅を目指します。

-つづく-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です